ささしま店 佐藤 淳 2018.11.05

はじめてのZWIFT 3. イベントに参加しよう

準備編のはじめてのZWIFT 0から通常のライドを楽しむはじめてのZWIFT 1、ワークアウトを活用するはじめてのZWIFT 2とやってきましたが、オンラインのローラーならではのイベントにフォーカスを当ててみましょう!!

さて、まずイベントに参加する前に、非常に重要な点がございます。

皆様、ZWIFTに登録する際、ご自分の正確な体重を登録しましたでしょうか?

ZWIFT COMPANION上だとこの画面でいじれます。

ユーザー情報画面

これ、非常に重要です。というのもZWIFTの世界では体重1kg当たりにどれだけのパワーが出せているか(パワーウェイトレシオ)を元に各種スピードを算出しております。

例えば、ふたりのライダーAさんとBさんが240Wを出せたとしましょう。Aさんは体重60kg、Bさんが80kgだった場合、Aさんのパワーウェイトレシオは4W/kg、Bさんは3W/kgとなります。ZWIFTの世界ではAさんのほうがかなり速い形になります。もちろん、このパワーウェイトレシオの考え方は実世界でも登りの局面で非常に大事になってきますので、クライマーの方は要チェックですね!!

さて、正直な体重を登録しましたか?

では、イベントに参加していきましょう!!

イベントはZWIFT COMPANION上のイベントのところから選んでいただくのが一番楽です。

イベント画像

一口にイベントと言っても色々な種類があります。大きく分けてレース、グループライド、グループワークアウトの3種類があります。

グループワークアウトはグループで同じワークアウトをするというもので、速度などは一定で足を止めない限り集団から置いて行かれることはありません。「皆も頑張ってるんだし、私も頑張ろう!!」というモチベーションアップのイベントですね。

一例としてこんなグループワークアウトがありました

グループワークアウトイベント

詳細なワークアウトの内容を知りたい場合は、パワーのグラフを選択していただくと…

グループワークアウト内容画像

詳細なワークアウトの中身が見れます。前回説明したパワーゾーンをもとに判断してもらうと、自分の求めているワークアウトかどうかが分かるかと思います。

大体のワークアウトが60分程度とちょっと長めですが、ぜひチャレンジしてみてくださいね。ちなみにワークアウトの目標パワー値は各個人のFTPをもとに算出されますので、FTP設定が間違っていなければ(あとは過度に疲れていなければ)、からだへの負担はかかりますが、無理なトレーニングにはなりませんよ~。

さて、レースやグループライドに進みましょう。両方に共通する点としては、ライドの強度目安があります。

レースに参加したいなぁと思っても「一体どういうペースなんだ?めちゃくちゃ速いと怖いなぁ…」というのが誰しも感じる不安かと思います。

ここで目安になるのがパワーウェイトレシオです。

イベントの項目にA、B、C、D、Eとアルファベットが並んでいます。

イベント一覧

これが強度目安でして、Aが4.0~5.0W/kg、Bが3.2~4.0W/kg、Cが2.5~3.1W/kg、Dが1.0~2.4W/kgとなっています。ご自分のFTP÷体重でカテゴリーを選択してください

レースカテゴリー例

ただし、イベントによって同じアルファベットでも様々数値が変わりますので、イベント要項に必ず目を通しましょう。

ちなみに Eはどういったレベルの人でもOKで、個々人のコースタイム更新を狙うイベント、グループワークアウトなどに用いられることが多くあります。

グループライド画像

では、イベントに参加してみましょう。

まずイベントをZWIFT COMPANION上やZWIFT内で選択します。

ワールドに入ると、イベント開始時間が近い場合「イベント開始場所へ移動しますか?」と選択が出ます。または「イベントに参加」ボタンが画面左下に出ますので、イベントスタート地点に移動したい場合はボタンを押しましょう!

イベント参加ボタン画像

ちなみに「レース前にアップしたいな~」という場合もご安心ください!

スタート地点でバーチャルのZwift内でもローラーに乗るというなんとも奇妙な形でアップ出来ますよ(笑)

イベントスタートゲート

出発の時間になると、ゲートが開き出走となります。あとはひたすら頑張ってペダルを回しましょう。

ちなみにグループライドのほとんどでパワーウェイトレシオの目安が定められています。さらに、リーダーがいる場合、そのリーダーを中心としたグループで走ることが求められます。

リーダーの頭上にはマークが出現し、

グループライドリーダー

ちょっと離れた位置から見ると後光が射しているように見えます。

AHCDグループライド2

グループライドは大体2.5W/kg位のイベントが多いので、比較的気楽に参加できるイベントです。

ちなみに集団で走る場合、ドラフティングの効果もあなどれない程ありますので、車間には十分気を付けましょう!「気付いたら置いて行かれていた」なんてことも起こることがありますよ~。

ドラフティングと言えば、ZWIFT内のTTバイクは扱いが特殊です。ZWIFT内ではTTバイクは単独でも高いエアロ性能がある一方、ドラフティング効果が無視されます。つまり、集団で走っていても空気抵抗はひとりで走っているときと同じになります。「集団後方で楽しよう」がTTでは出来ませんのでご注意下さい!

また、イベントによってはTTバイクが禁止されているものもありますので、しっかりと要項を読んでおきましょう~。(「英語なんて読んでられるか!!」という方はとりあえずロードバイクを選択しておいてください。タイムトライアルレースやトライアスロン系のグループワークアウトの場合は自動的にTTバイク仕様になりますのでご安心を。)

さてさて、しっかりイベントを楽しんでゴールしますと、そのライドの結果が表示されます。ゴールタイムや走行距離、平均パワー、平均パワーウェイトレシオなどが表示されます。レースであれば順位も表示されます!頑張りましょう!!

ちなみにスタッフ佐藤はワークアウトで大きく負荷をかけた翌日はグループライドなど軽めのイベントでリカバリーをしています。グループライドも一定の負荷で走るだけではなく、リーダーの指示に従って負荷を変化させたりすることもありますし、アフターパーティーと称して最後にレースがあったりもします。イベントは途中抜けも出来ますし、まずは気軽にグループライドを体験してみてはいかがでしょうか?

新たなコースとしてNew Yorkも追加され、ますます充実してきたZWIFT!ローラーの使用が増える&来シーズンのベースづくりの今こそ導入してみませんか?

RIDE ON!!