緑店 伊藤 祐次郎 2021.04.04

【自転車でソロキャンプ⓶】自転車の積載力アップにおすすめアイテムご紹介

皆さんこんにちは!

カミハギサイクル緑店伊藤です。

すっかり日中は春の気候となり

いよいよ自転車日和です。

そこで今回はお正月以来のキャンプネタに

挑戦してみました!

お正月に

『初日の出見ながらコーヒーライド』

でアウトドアの楽しさに目覚めた私

今度はテントを張ってまったり時間を楽しむ

『自転車でデイキャンプ(日帰りキャンプ)をしよう!』

を目標に準備をしていきたいと思います。

まずは今回持っていくアイテムをまとめてみました。

キャンプ用品一覧

前回は椅子やテーブルなどでしたが

今回はさらにテントやマットなど

持っていくアイテムが増えており

前のままですと積載量が足りない・・・

そこで今回は新たにNEWアイテムを追加し

積載量アップを狙います!

カスタムのベースとする車体は

DAVOS(ダボス)が新たにつくりあげた

『D-604』をカスタムしていきますよ

D-604に関しては以前ご紹介させていただきました

【おすすめ!クロモリグラベルロード】フカヤ「DABOS(ダボス)」

の記事をご覧いただければと思います。

まずは非常に場所を取るテントを固定する

フロント台座を付けてみましょう

ボトルケージ画像

<MINOURA MC-2000 Multi Cage ¥2,750(税込)>

こちらはボトルケージ台座を使い

色々な物を固定できるホルダーとなっております。

D-604はフォークにボトルケージ台座が有るため

それを利用してこちらの台座を取り付けます。

フロントフォーク画像

じゃん!こんな感じになりました

付属のストラップでテントや寝袋は勿論

輪行袋などの持ち運びも便利ですね

ちなみに私はこんなのを付けたりもします

ペットボトル画像

2ℓのペットボトルも収まっちゃいます。

リュックでも2ℓペットボトルは持ち帰るのが大変なので

買い物で重宝しております。

※実際はドライバックなどに入れて使いましょう

あとはあふれた小物をスッキリ収納する

フレームバッグも付けちゃいましょう

フレームバッグ画像

<TIOGA(タイオガ)ADV Frame Bag¥4,400(税込)>

こちらのフレームバッグは他ブランドの物と違い

トライアングル形状なのがポイント

今回の私のフレームサイズは46なのですが

小さいフレームは前三角が小さくなる為

ストレートなフレームバッグが付かない事も。

対してこちらのADVフレームバッグは

小さなフレームでも取付可能なのが嬉しい所!

車体の画像

またシートポスト側のボトルケージが使えるのもGOOD

ストレート形状だとバッグに邪魔され

ドリンクホルダーが使えなくなってしまう所です。

さぁこちらの二つと以前ご紹介したシートバッグで

荷物を自転車に積んでみましょう

車体全体像

無事積み込み完了できました!

いかにもツーリングバイクという雰囲気になりました。

車重は流石にありますが重量が分散され

キツイ登り以外は快適に走行できましたよ

今回ご紹介したアイテムはキャンプは勿論

普段の通勤や街乗りで自転車をお使いの方で

買い物のご利用やカギやレインコートの持ち運びなどにも

使いやすくオススメできるアイテムです。

自転車での積載にお困りの方是非ご利用ください!

P.S

デイキャンプの画像

ゆったりデイキャンプ行って来ました!

地元の駅から15㎞程の場所をお借りしてテントを立て

自転車乗ったり昼寝したり料理したりしました。

普段当たり前の事でも屋外というだけで楽しめますね

次回はガッツリお泊りキャンプをやりたいと思います!

興味のある方は是非始めてみませんか?