緑店 伊藤 祐次郎 2024.06.03

【自転車&趣味を魅せる収納】Licolbe(リコルベ)のHobby Towerでスタイリッシュに収納

皆さんこんにちは!

カミハギサイクル緑店 伊藤です

突然ですが皆さんは整理整頓得意ですか?私は大の苦手です(笑)

というのも自転車に乗る際に必要になるライトやメーター、カギやグローブ

などをフッとどこに置いたかわからなくなる時があるんですよね

置き場所などを決めてはいますが引き出しだと開けないと揃っているかわからないし

棚の上にするとギュウギュウで乱雑に見えてカッコよくない気がしてしまうんです

そんな悩みをスマートに解決してくれる見せる(魅せる)収納として

こちらのアイテムを今回ご紹介させていただきます!

ホビータワー使用例

Licolbe HOBBY TOWER 各種 ¥8,580~

こちらのLicolbeはローラー台等で有名なMINOURAが手がける新たなブランドで

日常を楽しく便利に収納するをコンセプトとした商品を手掛けているのですが

その中でも最近魅力的に感じているのがこちらのHOBBY TOWER。

いままでの自転車本体の収納に特化したバイクタワーに比べ

色々なパーツを収納するのに優れたアイテムです。

まず基本となるフレームは突っ張り棒型と自立型とあります。

どちらも30㎏の耐荷重持つためスポーツバイク本体はもちろん

それ以外を乗せてもしっかり支えてくれますね。

Licolbe HOBBY TOWER自転車台座

そしてそれに取り付け可能な台座。

これがとても豊富な種類で、取り付けもカンタンなので

様々なアイテムをスマートに収納できちゃいます。

細かな台座の内容に関しては

こちらのホームページをごらんくださいね

※MINOURA様のホームページに移動します。

試しに普段まとめている走る際のアイテムを置いてみました。

Licolbe HOBBY TOWER台座に色々乗せた状態の画像

<使用台座 ・ハンガーAタイプ ¥3,300 ・ハンガーBタイプ ¥2,970 ・丸木皿トレイ ¥3,960 ・100㎜フック ¥836>

Licolbe HOBBY TOWER台座の上の画像

Licolbe HOBBY TOWERフックの上のアイテムの画像

いかがでしょうか?どこに何があるかが立体的に見えるため

スマートに保管しやすくなっています。

また、バッグなどをひっかける余裕もあるため

通勤などで自転車をご利用の方は玄関などに設置すれば

スマートかつ効率的にアイテムの保管ができちゃいますね。

Licolbe HOBBY TOWER自転車用品をまとめた台座見本の画像

こんな感じでHOBBY TOWER一つで自転車専用空間を作れちゃいます!

また、こちらのアイテムの優れたところは

自転車のみならず釣具や植物のプランター、本やスポーツ用品など

工夫次第で色々なアイテムの収納ができる点です

Licolbe HOBBY TOWERスノーボードや子供のカバンを収納した画像

Licolbe HOBBY TOWER趣味アイテムを収納した商品画像

Licolbe HOBBY TOWER子供部屋に設置した商品画像

突っ張り棒式も自立式も簡単に移動や設置ができるので

賃貸や引っ越しの多い方でも簡単&おしゃれに収納をアップできちゃいますよ

緑店店頭にて自立型の実物を設置しておりますので

気になる方はお気軽にご相談にいらしてくださいね!






▼カミハギサイクルからイベントのお知らせです

【ベアリング試乗】話題の鬼ベアリングが試せる

■oniベアリングホイールレンタル ※ご予約のお客様優先

実施店舗:カミハギサイクル小牧本店

2024年6月6日(木)~7月1日(月)

超低トルクで回転率抜群の”鬼使用”ホイールを

自分の愛車で試せる数少ないチャンスです。

1日じっくり試してみてください。

◆詳細はこちらのブログをご覧ください。

【ご予約限定】高額査定続々の買取査定イベント

■店頭買取DAY

実施店舗:小牧本店

2024年6月28日(金) ※ご予約の方のみ

新しいい自転車に買い替えたい方

使っていないパーツを現金化したい方

高額査定で大好評の買取業者さんが店頭買取査定してくれます。

◆詳細はこちらのブログをご覧ください。

【Ride with Us】女子ライド

2024年7月20日(土)

岐阜県八百津古民家までカフェツーリングに行きましょう!

初めてでもお一人でのご参加も大歓迎です。

◆詳細はこちらのブログをご覧ください。

【Ride with Us】富士山満喫ツーリング

2024年8月3日(土)-8月4日(日)

1泊2日で富士山周辺のツーリングを企画しました。

観光バスでワイワイ楽しく現地に向かうのも楽しいですよ!

◆詳細はこちらのブログをご覧ください。