緑店 伊井 孝之 2020.08.13

【ロードインプレ】SPECIALIZED『TARMAC SL7』に乗ってきました

全国的にも今が一番暑い期間ですがしっかり水分補給をして乗り切りましょう!

さて今回はお題の通り先月末に発表されたばかりの
SPECIALIZED『TARMAC SL7 EXPERT』のレポートです。

まず「TARMAC」というバイクは同社のロードバイクシリーズの中で
レースシーンで活躍出来るような要素が盛り込まれたバイクです。

具体的には・・・

・スピードのアップダウンに対応しやすい反応性
・登坂においての軽量化
・軽快なハンドリング

を主眼に設計されております。

しかし近年のレースでの高速化に伴い「VENGE」のような
巡航速度を上げるために空力対策がほどこされたバイクや
「ROUBAIX」のような快適で安定性も注目されつつあります。

近年の「TARMAC」と「VENGE」はバージョンアップするごとにお互いの特徴をすこしずつ取り込んでいき
今回の「TARMAC SL7」では遂に統合され『どんなコースでもこれ一台で速く走れるバイク』
になりました。

発表されたグレードは

S-WORKS(フレームセット&完成車):FACT12カーボン使用
PRO&EXPERT(完成車のみ):FACT10カーボン使用
の3グレードとなります。

詳しくは過去のBLOG【待望のロードバイク】SPECIALIZED NEW TARMAC SL7登場です!をご覧ください。

その中で今回選んだのが「EXPERT(size52)」です。

まずは色!この色に惹かれました。

ターマック画像

色も大事な要素ですね!!

ものが良くて更に気に入った色であればモチベーション上げ上げではないでしょうか?

あと「S-WORKS」と比べると約200gほど重いですが極端な軽量化には興味がなく
手持ちのホイールと交換するつもりだったのでこのグレードにしました。

私の身長は162cmですが通常ならsize49とするところですが
現在乗っているバイクのポジションを再現するにあたり
付属する各パーツサイズの比較の結果
交換する必要がなかったのでこのサイズに落ち着きました。

それでは実際のバイクのインプレッションに入っていきましょう。

まず見た目。とある方のレビューでも言われておりましたが
上半分(ハンドル~トップチューブ~シートステー)は「VENGE」

ハンドル周り画像

シートステー周辺画像

下半分(ダウンチューブ~チェーンステー)は「TARMAC」

ダウンチューブ画像

見事に融合されております。

上半分は「VENGE」より少しスリムになってますね。

乗ってみての第一印象は『頭軽っ!』

スタート時に加速していくわけですが
とにかく加速が軽快です。

現在所有しているほぼ同条件のPINARELLO「DOGMA F10 DISK」と比べて
実走重量(バイク+ペダルペダル+ボトルケージ✕2+サイクルコンピューター)はどちらも約7.7kg
どちらも12mmスルーアクスル方式のディスクブレーキ仕様にもかかわらずです。

これはフレームの寸法設計が関与しているようですね。
ヘッドアングルとフォークオフセットと呼ぶ数値で
「DOGMA」は71.4°/43mm(size500)
「TARMAC」は72.5°/47mm(size52)
ヘッドアングルは原則的に寝ている(数値が小さい)ほど直進安定感が高くなる傾向があり
フォークオフセットは少ない(数値が小さい)ほど軽快感が高くなる傾向があります。

※ここで『原則的』『傾向』といっているのは最終的にはバランスが大事になるからです。
どちらのバイクもレース使用も考慮したハンドリング設計ですが
「DOGMA」は安定したしっとりしたハンドリング
「TARMAC」は軽快で俊敏なハンドリングという感覚です。

このあたりの感覚はダンシングや下り坂で差がわかりやすいと思います。

あともう一つ「TARMAC」で気がついたことは
結構、雑にダンシングをしてもディスクブレーキが触らないということ!
フォークおよびバックステーのねじれ剛性が高いことです。

バックステーは剛性感が高い割に脚やサドルの振動はさほど気にならない程度でしたが
フォークは巡航速度(約25km/h)の影響やエアロフライ2ハンドルに交換したこともあり
手のひらが疲れました。

総評としてレース向きなバイクの味付けがされており
登坂・下り坂・平地と場所を選ばない万能な最新バイクに仕上がってます。

下見画像

残念ながら中止となってしまったお盆ライド(約140km)の
コース下見に同行してのインプレッションとなりましたが
今後はホイールセットやその他パーツを交換したり
モリコロパーク等での同一コンディションでの
比較も少しずつアップしてみたいと思います。

【追記】

モリコロパークでさらに乗り込んできたインプレッションです。引き続きお楽しみください⇒【ロードインプレ】SPECIALIZED『TARMAC SL7』に乗り込んでみた






▼カミハギサイクルからイベントのお知らせです

【ご予約限定】高額査定続々の買取査定イベント

■店頭買取DAY

実施店舗:小牧本店

2022年9月30日(金) ※ご予約の方のみ

新しいい自転車に買い替えたい

使っていないパーツを現金化したい

高額査定で大好評の買取業者さんが店頭買取査定してくれます。

◆詳細はこちらのブログをご覧ください。

【Let’s Try】ホイールを買う前に試そう

■ホイールレンタルプログラム FULCRUM GO

実施店舗:小牧本店・ささしま店

買う前に試してみたい。

いろんなモデルを試したい。

自分の自転車につけてじっくり試したい。

そんな方も納得のお得なレンタルホイールプログラムです。

◆詳細はこちらのブログをご覧ください。

【Ride with Us!】OPEN記念ライド※ご予約不要

■SPECIALIZED OKAZAKIへ遊びに行こう

2022年10月8日(土)

10月7日(金)愛知県2店舗目のスペシャライズドストアが西三河地区の岡崎市にオープンします。

オープンしたてのお店までライドしませんか?

YouTuberのゆみやみさんもスペシャルゲスト参加!!

◆詳細はこちらのブログをご覧ください。

【Ride with Us!】大好評のMTB教室開催

■MTB初心者&中級者教室

2022年10月16日(日)

長野県伊那市の「GLOP Ante.(グロップアンテ)」

色々なコースがあるので楽しみながらスキルアップできます。

初めての方も、もっと上手になりたい方も大歓迎です。

◆詳細はこちらのブログをご覧ください。

【Ride with Us!】集まれロード女子!

■女子ライド

2022年10月30日(日)

今月は「二ノ瀬を登って、美味しいランチを食べる」がテーマ

タイムアップを狙うもよし、楽しく登るのもよし!

初めての方やお一人様のご参加も大歓迎です。

◆詳細はこちらのブログをご覧ください。

【Ride with Us!】レースに出てみよう!!

■平田クリテリウム

レースで実力を試してみませんか?

ツーリングやロングライドとは全く違った楽しさです。

小牧本店の石田と一緒に参戦しましょう。

◆詳細はこちらのブログをご覧ください。

実力を測ってみませんか?

■TRY FTPテスト

開催店舗:カミハギサイクル緑店

パワーメーターを持っていないけど自分のパワーを知りたい方

緑店のスマートローラーを使って実際に測定してみましょう!

数値目標ができればモチベーションアップにもなりますよ。

◆詳細はこちらのブログをご覧ください。

◆ご予約はこちらからお願いいたします。