小牧本店 遠山 裕司 2021.02.15

【カスタマイズ】CANONNDALE SUPERSIX EVOのシフトワイヤーを内装化してみる

こんにちは

スタッフ遠山です

今回はお客様のロードバイクの特別仕様についての記事を掲載しました。(撮影許可のご協力ありがとうございました。)

現モデルのCANONNDALE SUPERSIX EVO DISCブレーキ(キャノンデールスーパーシックスエヴォ)

CANONNDALE SUPERSIX EVOのDISCブレーキモデル

ブレーキホースはヘッドチューブに内装される様になっていますが、

機械式の変速システムの場合、シフトワイヤ―はダウンチューブまでワイヤーが外に出ている仕様となっています

エアロ型ハンドルに変更予定のお客様とのお打ち合わせで

「せっかくのスマートなフォルム。この機会にシフトワイヤーもスッキリ格納しよう!」

という話となり、いざ実行してみることに

シフトワイヤーを内装化させていきます。

シフトワイヤーが外にある

ひとまずハンドルをつけてみて、印象確認

このワイヤーを他のエアロロードバイクのように内装化したい!

ヘッドチューブからフレームの中にブレーキホース・シフトアウターワイヤーもろとも通していきます(通称:フルアウター化)

ワイヤーをヘッドチューブに入れる

ワイヤ類を全て通しても案外余裕があります

リアディレイラーやフロントディレイラーにシフトアウターを直結させていきます

フロントディレイラーとシフトアウターを直結

現行のシマノ11S用フロントディレイラーがアウターワイヤー直結に対応している製品となります

組み上げていくと、こんな感じになります

ハンドル上方からの画像

ハンドル下方からの画像

ハンドルからフレームにコンパクトに収納されました

すっきりとした外観になりました

シフトワイヤーも見えなくなり、とてもスマート&スッキリした外観となりました

シフトワイヤー内装化の工賃は¥5,500(税込)~

※ハンドル交換工賃・BB、クランク交換工賃は上記工賃に含まれておりません。

※ハンドル、ステム形状により価格の変動がある場合があります。

※部品代は別途となります

実車確認をさせていただき、組立にあたっての相談・打ち合わせを致します。

詳細はカミハギサイクルスタッフまでご相談ください。

SUPERSIX EVOをお持ちの方、シフトアウター内装の特別仕様車にしてみたくなりませんか?