小牧本店 森崎 暁夫 2020.05.29

【かんたん】スマホでShimano Di2のファームウェアアップデート

こんにちは!小牧本店メカニックの森崎です。

以前、内装用充電器とパソコンを使ってのシマノDI2のファームウェアアップデート方法を「シマノDI2のファームウェアの更新をしてみよう!」でご紹介させていただきました。

今回はスマートフォンでのファームウェアのアップデートをご紹介します。

Bluetoothの無線通信接続するので専用コードも必要ありませんし、外出先でも更新できるので自転車を常に最新の状態にできます。

Bluetoothの無線通信接続するには、スマートフォンとワイヤレスユニット(EW-WU111)が必要です。

サイクルコンピューターと連動して使うためにワイヤレスユニットをあと付けされる方も多いと思います。

自分の自転車にワイヤレスユニットがついているかは簡単に確認できます。

ジャンクションAのボタンを1秒くらい押して緑と赤のLEDが点滅したらワイヤレスユニットが入っています。

では早速やり方をご説明します。

まずスマホに「E-TUBE PROJECT for Smartphone」をインストールします。

アプリ検索で「E-TUBE」と入力します。

このアプリ ↓ ↓ が見つかりますのでインストールしてください。

アプリ画像1

このアプリはDi2を自分好みにカスタマイズすることもできる優れもの!!

シマノ公式サイト:https://e-tubeproject.shimano.com/

インストールしたアプリを起動して

アプリ画像2

真ん中にある「Bluetooth LE接続」をタッチして

自転車の「ジャンクションAのボタン」を緑と赤のLEDが点滅するまで押してください。

「PassKey」の入力を要求されるので入力をすれば接続が完了です。

下の画面になったら真ん中の「ファームウェアアップデート」にタッチすると

アプリ画像3

コンポーネントそれぞれのヴァージョンが表示されます。

更新があれば「更新」をタッチすれば、あとは終了するのを待つだけです。

アプリ画像4

更新中にBluetooth接続が切れないように注意してください。

切れてしまうとエラーになり動かなくなってしまって、復旧がとても大変になってしまいます。
エラーになってしまった場合は再度接続して指示に従って作業します。
少し時間をおいてエレクトリックワイヤーを抜き差しすると復旧することもあります。

最悪の場合、PCインターファイスデバイス(SM-PCE1またはSM-PCE02)が必要になります。
当店にお持ちいただければ、対応させていただきますのでご相談下さい。