小牧本店 森崎 暁夫 2021.05.22

【適正なチューブを使いましょう】軽量チューブのバーストにご注意!

こんにちは小牧本店森崎です。

今回はシュワルベの軽量チューブの箱にちょっと気になるシールが貼ってあったのでご報告します。

シュワルベのチューブは小牧本店でメインに置いてあるので

シュワルベ軽量チューブの箱正面

軽量チューブ(EXTRA LIGHT)ももちろん置いてあります。

最近、箱の側面に

シュワルベ軽量チューブの箱側面

リム内幅が最大19㎜までのリム使用してくださいと警告が入っています。

今のワイドリムのホイールが主流になる少し前だと、大体リムの内幅×1.4がタイヤの細くできる限界だとよくいわれていたので、
計算すると19㎜×1.4=26.6㎜で25Cまでの太さに対応したこのチューブが内幅19㎜MAXでも全然おかしくありませんね。

リム幅が太いもので軽量チューブを使うと想定よりもチューブが伸びてしまってバーストする恐れがあるようなのでご注意下さい。

安全・安心のため、内幅が大きいリムにシュワルベのチューブを使う時には、軽量チューブではなく通常のチューブを使用してください。

通常チューブと軽量チューブ

実際にチューブを見比べると明かにゴムの厚さが違うのが判ると思います。

その為リムが太くても適正な太さのタイヤであれば、伸びきってしまうことはないのでバーストする恐れはなくなります。

新品でチューブを使うときは気づきやすいですが、ホイールを交換する時にタイヤ・チューブを載せ替えたり、サドルバック等に入れていた予備チューブを使う時に注意してご使用ください。