緑店 伊井 孝之 2020.05.08

【空気圧計測してみました】いろいろなタイプの自転車用空気入れでどれだけ入るのか!

今回はさまざまな空気入れ(ポンプ)の計測をしてみました

スポーツバイクをはじめ自転車全般において空気圧を適切に保つことは大変重要です

走行感の軽さ、グリップ、クッション性等のタイヤの性能を引き出し

リム打ちやチューブ擦り切れによるパンクを防止できます

で、今回は・・・

フロアポンプ、携帯ポンプ、CO2ガスで『どれぐらい入るか?』ということを計測してみました

計測はこのような条件で行いました
⓵気温は26℃(室内)
⓶同一ホイールを使用し限りなく空気を抜いた状態でスタート
⓷ポンピングは全ストロークを使って確実に
⓸計測はシュワルベのデジタルメーターを使用
空気圧計

⓹それぞれのポンプで2回づつ計測します

今回使用したホイールはこちら
ホイール

ホイール FULCRUM「RACING QUATTRO CARBON DB」
タイヤ  PIRRELI「P ZERO VELO 700×25C」
チューブ SCHWALBE「SV20(60㎜バルブ)」   

このタイヤの適正空気圧は85~110PSI となります

※メーターの都合でPSIに統一してます。10PSI =0.7BAR(気圧)

ではまず最初はフロアポンプから

BONTRAGER「CHRGER」 ¥4,400(税抜)

ボントレガーチャージャーポンプ

20回のポンピングで⓵83.4PSI⓶83.2PSIとなりました。

しっかりしたポンプではどのメーカーでもほぼ同じくらいでしょう

次に私も愛用している携帯ポンプ

TOPEAK「HYBRIDROCKET-RX」 ¥4,600(税抜)

トピークハイブリッドロケット

これは特にシリンダーも細くストロークも短いので200回ポンピングしました
結果は⓵39.3PSI⓶42.0PSIでした

回数のわりにまだまだ動作は軽いのでもう100~200回は楽にいけそうです

ついでにCO2ガス(16g)では47.6PSIでした※計測は1回のみ
CO2ガス

ガスは気温や湿度とバルブとの密着度の影響を受けやすいので参考値ですね

こちらはロードバイクセットに付属している標準的な携帯ポンプです

SHIMANO PRO「MINIPUMP COMPACT」 ¥4,500(税抜・バッグ&ツール含む)
プロコンパクト

150回のポンピングで⓵66.8PSI⓶63.6PSIでした

特に90回ぐらいから圧縮に力が要るので150回は大変でした

おまけで私がイベントや遠征時に持っていく小型のフロアポンプ

LEZYNE「CNC TRAVEL FLOORDRIVE」 ¥12,600(税抜)

レザインフロアドライブ

さすがに普通のフロアポンプの3分の2ぐらいのストロークなので
⓵51.8PSI⓶52.4PSIでした
やや腰が低くなり体重はしっかりかけられますが

地面に接する部分がやや不安定です

ポンプはシリンダー径×ストロークで1回に入る空気の量が決まります。

ですから体重をかけて動作のできるフロアポンプ

少ない回数で多くの空気量と圧力を楽にかけられます

携帯ポンプは小型軽量ですが

腕力勝負なところがあり、あくまでも出先での応急処理用です

今回は200回でしたが可能な限りガンバルことで70PSIぐらいになるでしょう

CO2ガスは一発でかなり空気圧があがり時間も10秒ほどですが

ガス漏れや外気温が低いとあまり入らないこともあります

出発前にはフロアポンプでしっかり空気を入れ

CO2ガスのみではなく携帯ポンプも持ってライドするのがオススメです

一度携帯ポンプで頑張って入れてみたときの空気圧を知っておくのも◎ですね!

▼カミハギサイクルからのお知らせです

<欲しかった商品ゲットするなら今がお得です!!>

【ウィンターセール】

<開催日時>

2020年12月27日(日)まで

<開催店舗>

カミハギサイクル全店

◆セールの詳細は こちらのブログをご覧ください。


<ホイールを変えると走りが変わる>

【フルクラム試乗ホイール】

<開催日時>

2020年12月28日(月)まで

<開催店舗>

カミハギサイクル小牧本店

◆試乗ホイールのラインナップは こちらのブログをご覧ください。