小牧本店 工藤 千尋 2019.02.15

そのサドル...本当に自分に合っていますか?

こんにちは。お久しぶりの工藤です(笑)

段々と日が伸びて時より暖かさを感じられるようになってきましたね(o^―^o)ニコ

皆さんはきっと私よりもゴリゴリに乗っている事だと思います...

最近のお悩み相談が多いのはサドルについてです!

「お尻が痛い!」「硬い!」「座りにくい!」「どれがいいのか分からない!」

などと沢山のモヤモヤが募っている方も多いと思います。

そこでサドルの選ぶ目安として小牧本店ではSPECIALIZEDから出されているRETUL(リチュール)機械を導入しております!!!

これがあればもう安心。調べ方をご紹介いたします(^^♪

このような感じでバイク、シューズ、サドル3項目あります。

バイク、シューズ、サドルの項目画像

今回はサドルにしてみましょう。

「あなたの好きなバイク体験は何ですか?」から自分の愛車の特徴に合っているものをチョイスします。

RETULの画像

そこからバイクに乗っている頻度やライド中の姿勢、身長、体重などなど...

いくつかの質問に答えていきます。

そしてこの機械に座ると自分の座骨が画面上に点で表示されます。

リチュール機械の画像

ポイントは膝を90度にして座る事ですよ~♪

膝を90度にしている画像

座ったり立ったりを2,3回程繰り返すと自分の座骨結節幅サドルのサイズが分かります!

そしてこんな感じにSPECIALIZEDから出されているオススメサドルがいくつか出てくるのでそこから

さらに自分に合いそうな特徴のものを選ぶとより良いサドルをチョイスすることが出来ますよ♪

サドルの特徴などは実際に機械には表示されませんので是非スタッフにバシバシ質問して下さい(笑)

ちなみに...私はサドルサイズ168、座骨結節幅162mmだったので155のPOWER ARCなどをオススメしてくれました!

リチュールのオススメサドルの画像

そして...カミハギの中で最も顔芸のバリエーションが豊富なスタッフ森も

サドルサイズ155、座骨結節幅120㎜だったので155のTOUPEなどをオススメされて喜びの笑顔です(笑)

森さんの変顔画像

この様にサドル選びに大切なのは自分の座骨幅を知っておくことと自分の普段のライドスタイル、

サドルの真ん中なのか後ろなのか前なのか、どの部分を中心として乗っているのかを意識してみると

更に見つけやすくなりますよ(#^.^#)

自転車を今よりもっと楽しく乗りたい方や、真剣に速さを求めて頑張っている方などのサポートになれたら

嬉しいです!レンタルサドル(SPECIALIZED製品は特にFIT&RIDE STOREがオススメ!)も行っておりますのでお気軽にご相談くださいませ!

お待ちしております。以上!ぼちぼち走らないとヤバい。と焦る工藤でした(笑)