緑店 伊井 孝之 2020.07.24

ロードバイクのSTIレバー【4種】

梅雨明けが待ち遠しいですね。

とはいえその後は暑さがこたえますが・・・

今回はシマノ製のロードバイクコンポーネントの代表パーツであるSTIレバーについてです。

まずはSTIって何?
これはSHIMANO TOTAL INTEGRATIONの頭文字です

ロードバイクにおいて『全体的に統合する』といったところでしょうか

つまりSTIレバーとはシフトもブレーキも全てコントロール(操作)できるパーツということですね。

ですからこのSTIレバーに手を置くというのが基本姿勢となります。

そんなSTIレバーですが近年はDURA-ACEやULTEGRAといったグレード以外にも種類がたくさん増えております。

まずはブレーキの形式による分類
・リムブレーキ対応
・ハイドロ(油圧式)ディスクブレーキ対応
これらはブレーキの動作方法が全く別種であるので2種類存在します。
実際ディスクブレーキにはメカニカルディスクという機械式のタイプがあり

これに関してはリムブレーキ用を使用します。

そしてもう一つの分類がシフティングの形式
・メカニカルシフト(機械式)
・Di2(電動)シフト
メカニカルシフトはワイヤーを巻き取ったり送り出して
各ディレーラー(変速機)の動作をコントロールします。
一方Di2はボタンを押すことで電子的な命令をディレーラーに伝達し

ディレーラー自体をモーターで動かすシステムです。

結果として
①リムブレーキ × メカニカルシフト
②ハイドロディスクブレーキ × メカニカルシフト
③リムブレーキ × Di2シフト
④ハイドロディスクブレーキ × Di2シフト

という4種類が存在します。

で・・・
今回は新しいバイクでレバーが握りにくくなったとの相談を受けました。
内容を聞いてみるとお使いのSTIレバーは
②のハイドロディスクブレーキ × メカニカルシフト(ST-R8020)ということで
実際にサイズを測ってみました。

※手計なので誤差はご勘弁ください!

まず手を置く前側の幅は

幅画像

34㎜

ここでの周囲は

周囲画像

129㎜でした。

こんな感じで①~④をULTEGRAシリーズで測ってみました
①リムブレーキ × メカニカルシフト(ST-R8000)では

リムメカ画像

幅34㎜で周囲は125㎜

③リムブレーキ × Di2シフト(ST-R8050) では

リムDi2画像

幅34㎜で周囲は117㎜

④ハイドロディスクブレーキ × Di2シフト(ST-R8070)では

ディスクDi2画像

幅34㎜で周囲は117㎜

このように幅は誤差を考慮してもほぼ差がありませんが
握り(周囲)が最も細いのは③&④のDi2シフト採用の2モデルで

最も太いのは②ハイドロディスクブレーキ × メカニカルシフトとなりました。

ブレーキにおいてリムブレーキに必要なレバーの構造は
ワイヤーを引っ張るパーツのみですが
ハイドロディスクブレーキでは油圧をかけるためのシリンダー&ピストンと
システム内の液体(フルード)を貯めておくリザーバータンク等
複雑で部品点数が多くなります。
シフトにおいてメカニカルシフトではワイヤーの巻取り&送り出しをするパーツや
レバーと内部パーツを連動させる機械構造のため
やはり複雑で部品点数が多くなるのに対して
Di2シフトではボタン数個と電子基板だけで済むので

軽量でコンパクトになります。

手が小さくてなんだかSTIレバーが握りにくいと思いの方!
いっそのことDi2の採用に踏み切ってはいかがでしょうか?