緑店 伊井 孝之 2021.02.26

【ステップアップ】自転車通勤に慣れたらサイクリングに出かけよう

三寒四温

今の時期の気象用語ですね

前日との気温差が大きいこともありますので

コロナ感染も含めて

体調管理に気を付けましょう!

花粉症もひどくなる季節ですが

今のところ発症していないスタッフ伊井です

最近暖かくなってきたためか

『サイクリングに行こうと思うんですが何が必要でしょうか?』

というご質問が数件いただきました。

ということで今回は一例として私なりにお答えさせていただきます

やはり春、しかも年度の区切りということもあり

冬の間あまり活動できなかった反動で

動きたい!

チャレンジしたい!!

といったところでしょうか?

コロナ禍で自転車生活を始めた方も多いでしょう

普段の通勤や通学、街乗りでは

概ね3~10㎞のライドという方が多いでしょうから

サイクリングや遠出ということで

10km以上のライド

という目安ですすめていきます。

その10㎞以上のライドで必要となるのは

①ライダーの身体能力

②バイクの装備&携行品

③メカトラブルに対処する技術知識

主に上記3つに集約されるかと思います

順を追って解説していきましょう

①サイクリングに必要な「ライダーの身体能力」

といってもレースでの勝負ではありませんで

運動神経の良し悪しとかテクニックではなく

体力的&精神的な持続力です。

個人差がありますがスポーツバイクなら

10㎞の距離で30~60分のライドになるでしょう。

この間サドルの上にいる時間ともなりますし

ペダルを踏んでいる時間とも言えます。

例え辛い坂道や向かい風にも負けずに

ゴールを目指す体力と意思が最も大事だと思います。

②サイクリングに必要な「バイクの装備&携行品」

短い距離のライドでは何かメカトラブルがあっても

バイクを押して歩いて帰ってこれますが

長距離ライドではそうもいってられません。

迎えにきてもらいますか?

それともバイクを一旦置いて公共交通機関やタクシーで帰宅

費用や待ち時間を考慮するとロスが大きいですね。

その為にある程度修理するための備品や工具があれば

現場で復旧してライドが続けられます

メカトラブル全部に対応しようとすると

スペアバイク+サポートカーという方法になってしまいます

これでは携行できませんので

ということでトラブルの確立が高いものに焦点をしぼりましょう

ご存じかもしれませんが最も確率が高いのは『パンク』です

パンクからの復旧に最低限必要なのは

ご使用のホイールとタイヤに合った

スペアチューブ1本

スペアチューブ

シュワルベ SV20チューブ(80mm)¥2,200(税込)

タイヤをホイールから外すための

タイヤレバー2~3本

タイヤレバー

シュワルベ タイヤレバー3本組 ¥660(税込)

現場で空気を入れるための

携帯ポンプ

携帯ポンプ

トピーク ハイブリッドロケットRX ¥5,060(税込)

の3点です

これらをひとまとめにしてサドル下にまとめる

※携帯ポンプは長いものは付属の金具を使ってボトル台座に固定します

サドルバッグ

サドルバッグ

オルトリーブ マイクロ2 ¥4,400(税込)

小さめのカギや携帯工具・その他の小物も一緒に入れられます

距離も100㎞を超えてくるなら

追加でもう1本スペアチューブと

パンク修理のパッチキットもあると安心ですね

パッチキット

携帯工具にチェーン切りがついているものが望ましいです

チェーン切り付き携帯工具

一番多いのは『パンク』などのタイヤトラブルですが

二番目に多いのはチェーン周辺のトラブル。

代用できる工具がないのでライド続行のためにはチェーン切りが付いていると助かります。

③サイクリングに必要な「メカトラブルに対処する技術知識」

道具がそろっていても

使い方や修理方法知らないと

修理が完了できません

パンクにおいては

車輪の脱着に始まり

ホイールからタイヤを外すタイヤレバーの使い方

傷んだチューブからパンクの原因を推測&解決し

新しいチューブを入れて

空気をしっかり入れる

という一連のチューブ交換手順

最近は各種動画もあるのでわかりやすいですが

やはりやってみないとわからないので

前もって予習しておきましょう

チェーン切り&繋ぎかたもソロライダーや

100㎞以上の長距離を頻繁にされている方は

覚えてほしい技術ですね。

最近は油圧ディスクブレーキが主流になってきたので

輪行をされる方だと

レバーの引き量の急激な変化や

回転が重い際の対処方法も

知っておくといいでしょう。

コロナ禍においてサイクリングは有益なスポーツかと思います。

しかし密をさけるためにはソロライドが基本となるので

ライド中のトラブルも自己解決となります。

専門的な微調整はお店にまかせますが

できることが増えれば

ライドをあきらめることが少なくなりますよ。

私はどんなライドでも

・スタートしたらちゃんとゴールする

・携行品は用意周到。でも最小限

を心がけております






▼カミハギサイクルからイベントのお知らせです

<買う前に試せるって幸せ!!>

【スペシャライズド製品お試し会】

<開催店舗>

カミハギサイクル名城店

第三弾:バイク

2021年5月1日(土)~5月9(日)

完成車重量が約6㎏の超軽量DISCロード「AETHOS」

楽しく走るための超軽量バイクである「AETHOS」はクロモリやチタン素材のバネ感ある乗り心地で疲れにくいバイクです。

◆詳細は こちらのブログをご覧ください。
<ロードバイクの走りが変わる!!>

【MAVICホイール試乗会】

<開催店舗>

・カミハギサイクル緑店

2021年5月15日(土) 13:00~16:00

※午前中はプレミアムライドできます

・カミハギサイクル小牧本店

2021年5月16日(日) 13:00~16:00

※午前中はプレミアムライドできます

【MAVICホイール小牧店限定平日一日試乗】

<開催店舗>

カミハギサイクル小牧本店

5月13日(木)、14日(金)、17日(月)、19日(水)

まる1日MAVCホイール試乗できます!!

◆試乗車ラインナップなど詳細は こちらのブログをご覧ください。
<2メーカー乗り比べ>

【BMC&cervelo試乗会】

<開催店舗>

カミハギサイクル小牧本店

2021年4月24日(土) 10:00~17:00

◆試乗車ラインナップなど詳細は こちらのブログをご覧ください。

伊井 孝之の最新記事

伊井 孝之の記事一覧

新着記事

記事一覧へ