緑店 伊井 孝之 2022.09.03

【初心者必見】ロングライドビギナーでも完走できるコツお教えします(前篇)

暑さのピークが過ぎ、秋のライドイベントのシーズンになってきました。

今からの季節は気温が落ち着いてくることと今年から乗り始めた方も、かなり距離&時間を乗ってきたことでレベルアップしているのではないでしょうか?

8月末の『シマノ鈴鹿』を皮切りに10月には『グランフォンドピナレロ八ヶ岳』

11月には私が最大の目標としている『ツールド沖縄』と当店でもいろいろなイベントに参加していきます。

これからの時期にはロングライド系のイベントが多く開催されます。

参加しても完走できなかったらどうしよう・・。

初めてのイベントや自分の限界を突破しようとするときには不安がつきものです。

実際完走できなくても待ちぼうけをするだけで実害はありませんがやっぱり悔しいですよね?

そこでちょっと乗れる程度の私が様々なロングライドイベントを完走してきた経験をもとに、いくつかポイントを2回に分けてご案内します。

ゴール画像

①バイクを操る技術

ペダリングに関してはリズムは早め。ケイデンスが測れる方は平地で80~90Rpm(1分間の回転数)の維持を目指します。

このリズムが身についている方は良いのですが、意外と重いギアで遅いリズムの方も結構お見えになります。

1分間で90回転=1秒間に3回踏むリズムです。

グイグイ踏んでいると筋肉が疲労して動けなくなります。筋トレしているのと似た状態ですね。

対してやや軽めのギアでクルクル回すようにすると、息は上がりますが少し休めば落ち着けます。

少しスピードを緩めて乗りながら休む、登りながら休むことができるようになるとロングライド後半まで体力をもたせることにつながります。

ブレーキングも2種類マスターしておきましょう。一つは『フルブレーキ』で最大の制動力をもって最短距離で止まる方法です。

ただ単に左右のブレーキレバーを思いっきり握ってもタイヤがスリップ(ロック)するだけでコントロールを失ったり止まるまでの距離が意外と長くなりかえって危険です。

最大の制動力を得るにはブレーキをかけ始めた瞬間から前輪荷重でグリップの限界が高くなるので前ブレーキは強めにかけます。

また前ブレーキを強くかけた分後輪が浮いてしまうことがあります。浮けば後ろブレーキは全く仕事できなくなるので体重は後ろにかけましょう。

ペダルの上に立って体を後ろに持っていき膝でサドルを挟むイメージです。

タイヤを滑らせず浮かせないのがポイントです。

もう一つは『当て効き』です。ブレーキレバーを握りますが効くか効かないかギリギリの所、こすっている程度の状態です。

ここを基準に減速する必要がなければそのままか維持か握ったレバーを開放し減速の必要があれば少しレバーの握るだけで瞬時に減速できます。

すぐにブレーキが掛けられる準備状態といったところでしょうか。

危険回避のテクニックの一つです。

②バイク本体の工夫

ボトルケージをダブルにしておくのがおすすめです。

比較的短い距離やコンビニや自販機の位置を把握できているコースでは片方にはドリンクボトルをもう一方にはツールボトルを入れます。

短めの距離の装備

そして長い距離や市街地から離れて土地勘のないエリアを走る場合には両方ともドリンクボトルにして工具類はサドルバッグに収納します。

ロングライドの装備

暑い夏場であればこのドリンクボトルも一方はスポーツドリンク、もう一方には水を入れておけば飲むのはもちろん少量をかぶって走行時の風で気化させることで体を冷やすこともできます。

さらに転倒してケガした際に傷を洗うのにも使えます。

携行品の工具類は使い方の知識や技術が必要ですが、最低限パンクした時に復帰するための携帯ポンプ・タイヤレバー・予備チューブは持っておきましょう。

予備チューブは自分のタイヤサイズ・ホイールに対応したものが必要ですが、しばらく使わずにしまっておくと傷んでいる場合もありますのでたまに空気を入れてパンクしていないか確認しましょう。

携帯ポンプ画像

タイヤレバー画像

予備チューブ画像

次に重要なのは六角レンチ類です。各部のネジ(主にサドルやハンドルの固定や位置調整)に使用します。

ごく一部に星形のトルクスと呼ばれるものもあるので気を付けましょう。

コレを持てば熟練者(?)なのはチェーンカッターとディレーラーハンガーですが、知識と技術が必要ですので今回は省きます。

これらをひとまとめにしてツールボトルやサドルバッグに収納して携行します

ツールケースにまとめた画像

まずは安全に走る。

次に体力が切れないようにする。

最後に何かあっても何とかなる準備をする。

私はイベントに限らず毎回『自転車でスタートしたら自転車でゴールする』というつもりでライドしています。






▼カミハギサイクルからイベントのお知らせです

【ご予約限定】高額査定続々の買取査定イベント

■店頭買取DAY

実施店舗:小牧本店

2022年10月28日(金) ※ご予約の方のみ

新しいい自転車に買い替えたい

使っていないパーツを現金化したい

高額査定で大好評の買取業者さんが店頭買取査定してくれます。

◆詳細はこちらのブログをご覧ください。

北欧スウェーデン生まれのサイクリングウェア「Sigr」

■Sigrポップアップ開催

開催期間:10月6日(木)~16日(日)

実施店舗:カミハギサイクル小牧本店

自然豊かなスウェーデン生まれの自転車ウェアSigr(シーガー)

春夏物から防寒ウェアまで展示即売します。

お気に入りの1着を見つけに来てください。

◆詳細はこちらのブログをご覧ください。

【Ride with Us!】OPEN記念ライド※ご予約不要

■SPECIALIZED OKAZAKIへ遊びに行こう

2022年10月8日(土)

10月7日(金)愛知県2店舗目のスペシャライズドストアが西三河地区の岡崎市にオープンします。

オープンしたてのお店までライドしませんか?

YouTuberのゆみやみさんもスペシャルゲスト参加!!

◆詳細はこちらのブログをご覧ください。

【Ride with Us!】大好評のMTB教室開催

■MTB初心者&中級者教室

2022年10月16日(日)

長野県伊那市の「GLOP Ante.(グロップアンテ)」

色々なコースがあるので楽しみながらスキルアップできます。

初めての方も、もっと上手になりたい方も大歓迎です。

◆詳細はこちらのブログをご覧ください。

【Ride with Us!】集まれロード女子!

■女子ライド

2022年10月30日(日)

今月は「二ノ瀬を登って、美味しいランチを食べる」がテーマ

タイムアップを狙うもよし、楽しく登るのもよし!

初めての方やお一人様のご参加も大歓迎です。

◆詳細はこちらのブログをご覧ください。

【Ride with Us!】レースに出てみよう!!

■平田クリテリウム

レースで実力を試してみませんか?

ツーリングやロングライドとは全く違った楽しさです。

小牧本店の石田と一緒に参戦しましょう。

◆詳細はこちらのブログをご覧ください。

実力を測ってみませんか?

■TRY FTPテスト

開催店舗:カミハギサイクル緑店

パワーメーターを持っていないけど自分のパワーを知りたい方

緑店のスマートローラーを使って実際に測定してみましょう!

数値目標ができればモチベーションアップにもなりますよ。

◆詳細はこちらのブログをご覧ください。

◆ご予約はこちらからお願いいたします。