緑店 伊井 孝之 2020.12.09

【脱自転車初心者】ギア比の選択について

冬ごもりには早い!
まだまだライドは余裕でできます!!

今年の残り時間であとひと伸び距離を稼ぎましょう。

今回はギア比についてです。
ここ最近たまたまそのようなご相談を続けて受けましたので

回答の一例です。

▼自転車の『ギア比』とは??

まずそもそもギア比って何??という方もいと思います。

ギア比とは、前(クランク)側のギアの歯数に対しての後(ホイール)側のギアの歯数の比率です。
言い換えるとペダルを一回転させた時にホイールが何回転するかを表す数値です。

単純にギア比が大きいほどペダル一回転で多く進み、小さいほどあまり進めません。
しかしそのペダルを一回転させるためにはギア比が大きいととても大きな”力”が必要になり

ギア比が小さいとわずかな”力”で済みます。

自転車にはモーターやガソリンエンジンなどの他の動力がなく
人間が生み出したエネルギーを効率よく推進力にする機械ですので
このギア比をスピードや坂の勾配等の走行条件に合わせて変化させることで

長時間・長距離を速く走ることができます。

▼ギア比を変えてレベルアップしよう!

今回のテーマは『脱初心者のために!』
このギア比を最適なものにしましょうということです。

昨今のロードバイクの代表的なギア比は
クランク側の歯数:52&36T
ホイール側の歯数:11~28T
※TとはTeethの頭文字です
よって最大ギア比は52÷11=4.73

最小ギアは36÷28=1.29となります。

さてここで質問です。

あなたにとってこのギア比が必要でしょうか?

その答えが今回のテーマになっています。

▼自分に最適な『ギア比』を決める

スピードのある人にとっては速いギア比は魅力でしょう
登りが苦手な人は軽いギア比が欲しいですね
でもここでいう必要なギア比とはそのギアがなければ

どうにもならん!

という意味です。

ライドではいろんな場面に遭遇します。
それでもこのギア比であれば

なんとかなる!

というのがベストです。

まずは一番軽いほうのギア比を決めましょう。
①今ので大丈夫
②もう1~2段軽いのが欲しい
③今の1~2段軽いギア比は使わなくても何とかなる

あなたはどれでしょう?

スプロケット

その後に速いほうのギア比を決めますが軽いほうのギア比と違い
選択肢はあまりないので
かなりのハイスピードを維持しない限り
ギア比も極端に高くする必要はないでしょう。
①今ので大丈夫
②もう1~2段速いのが欲しい
③今の1~2段速いギア比はほとんど使うことがない
ここで特に③の場合は後ろのギア(スプロケット)だけでなく

前のギア(チェーンリング)も小さい歯数のものにしたほうが良いでしょう。

チェーンリング

変速の段数には限りがあり
その中であらゆる行程でも走破しなければなりません。
しかし限りある段数の中に”保険ギア”を含めてしまうと
一段一段の変速差が大きくなり
一段速くすると重すぎ今のままでは軽すぎる
という感覚が生まれてしまいます。
ですから

なんとかなる!

というギア比の間に

収束するようなギアの歯数をセットするのが望ましいです。

初心者の間はとにかく登り坂がつらいのでついつい軽いギアに頼りがち
ペダリングスキルも未熟で回転数を上げられないので重いギアに頼りがち

⇒とても速いギア比から軽いギア比までの幅広い歯飛びのセッティングのギア

経験を積んでくると体力&ペダリングスキルもアップしてくるので
使うギアと使わなくてもいいギアに分けられる。

⇒上下の幅が必要最小限な組み合わせのギア

よく使うギアの周辺を1枚刻みの歯数差にすることで

ロングライドで楽に速く走るコツにもつながります。

私がロードに乗り始めた頃はリアが8段でした。
レースやロングライドではそのコースを想定してギアの選択を
その都度行ってました。
現在は段数が増えているので
このギアのセットでどんな所も問題ないと言えるようになりました。
とてもありがたいことですが
やはり脚力・体力・技術レベルに応じてギア比も選んでおくことで
バイクフィッティング同様

人馬一体ならぬ人車一体になるのではないでしょうか。

〈参考〉
私の通常 F:50-34T/R:12-25T
鈴鹿のレース F:同上/R:11-23T
ツールド沖縄完走時 F:同上/R:11-25T