緑店 伊藤 祐次郎 2019.07.09

人気のDISCロードの豆知識!DISCローターのワンポイント

皆さん自転車楽しんでらっしゃいますか!

さて以前のブログでも少し触れましたが今は自転車業界でDISCブレーキブーム!

天候に左右されにくく確かなブレーキパワーが得られるこのシステムは

MTBだけでなく街乗りバイク、さらにはロードバイクまで浸透してまいりました

そんなDISCブレーキの名前の由来であるDISC部分、こちらを”DISCローター”や”ローター”と

略して呼ぶ事が多いのですが実はそのローターにもいろいろな規格だったり

種類があったりするのをご存じない方も多いようです。

そこで今回は今後乗っているDISCロードのグレードアップや修理の際に

知っておくと便利な豆知識をいくつかご案内させていただきます

⓵実は寿命があります

まず一つ目は寿命について。ブレーキを使っておりますとブレーキ側のパッドはもちろん

実はこちらのローター側も徐々にですが削れて入って摩耗してしまっているんですね

パッドほどの速さではありませんが摩耗が進んだまま使い続けてしまうと音鳴りや

効きの悪さ、最悪走行中の破損などが起きてしまいかねないので日ごろチェックしたいところ!

『チェックなんて言われてもどう見りゃいいの?』という方は

ローターにこんな数字が無いかをチェックしてみてください!

asian

写真のローターはSHIMANOさんの物ですが実は多くのブランドは

ローター側に交換目安の厚みが記載してくれていますのでノギス等で簡単に確認できますよ

ちなみに写真のローターは【厚さが1.5㎜を下回ったら交換】ということですね

さてチェックしてみたら交換が必要そうだったそこのあなた!

板の交換だけだし自分でやってみようかなっという方もいらっしゃるかもですが

新しいローターを用意する前にチェックしなきゃいけない事があるんですよ

➁ローターの取り付け方がいくつかあります

実はこちらのローターには取り付け方法が大きくわけて2種類ありまして

取り付けるホィールとローターが同じ方式でないと使用出来ない事がございます

なのでご自身の自転車がどの方式かを知っておくととっても便利ですよ!

まず一つ目が『センターロック』と言われる固定方法

syasin1

今現在のロード用DISCホィールに多く採用されている固定方法ですが

取り付け部分に細かなギザギザがたくさんついてますね

ここにローターをはめ込むように装着します。なのでローター側はこんな感じ

syasin3

中がかみ合うよう細かなギザギザになっています

もう一つの固定方法が『6穴ボルト』と言われる固定方法

syasin123

名前の通り6本のボルトで固定するため取り付けるホィール側にも6個の穴が開いています

ロードバイクはもちろんクロスバイクやMTBでも多く採用されています

syasin2

ローター側にも6つの穴が開いているのが特徴ですね

この2規格、見て頂く通り同じローターでも全く違く形状の為

間違えてしまうと基本取り付ける事が出来ない※1ので

ローターの交換時はもちろん、ホィールのグレードアップなどの際にも

自身の自転車のチェックしておくといいポイントとなっております!

※1センターロック式のホィールの場合はアダプターを使うことで6穴ローターが

使える場合もありますが、使えない組み合わせもあるので注意!

⓷サイズもいくつかございます

さて取り付け方式もばっちり!となったわけですがもう一つの落とし穴がサイズ!

まずはこちらをご覧ください

syasin1234

どちらもSHIMANOのローターですがサイズに違和感・・・

重ねてみましょう

syasin4

こうするとわかりやすいですね。下側が一回り以上大きい!

見て頂きました通り実はローターにはサイズ(直径)がございます

大きく分けると203㎜・185㎜・160㎜・140㎜というサイズがメインですが

このサイズを間違えるとブレーキがローターに届かない・そもそもはまらないなど

取り付けが不可になってしまいます!

基本的にロードバイクでは160㎜か140㎜しか使えないことがほとんどなのですが

前は160㎜/後ろは140㎜や、前後とも160㎜、はたまた前後とも140㎜などもありますので

試乗などでホィールを借りたりする際には大事なポイントとなります!

自分の自転車が前後どのサイズのローターを使っているかも覚えておくといざというとき便利ですよ!

syasin5

こちらのサイズもローター本体に記載されていることが多いですので要チェック!

簡易的ですがいかがだったでしょう?今後もどんどん増えるであろうDISCロードですので

今までは必要なかったこんな豆知識が必要となる場面が増えてくるかと思います

自分の愛車をより理解して楽しい自転車ライフ送りましょう!