緑店 伊井 孝之 2021.10.24

【ホイールインプレ】MAVIC「COSMIC SLR 65 DISC」に乗ってきました

急に冷え込んできてウェアも一気に冬仕様になりつつある緑店スタッフ伊井です。

今のところコロナも抑え込めている状態でもあるのでイベントライドも少し復活しております。

そこで琵琶湖1周ツーリングのコース下見として、先日の定休日を利用してコース丸々150㎞を下見ライドしてまいりました。

私にとってはほぼ毎年一度は走っているコースで勝手知ったる道&長時間のライドでパーツを試すにはもってこいの機会でもあります。

ちなみにこの機会に緑店店長の三宅もサドルSPECIALIZED「S-WORKS ROMIN EVO MIRROR」を試しております。

紹介記事はコチラ

今年はMAVICのCOSMIC SLR 65 DISCでライドしました。

COSMIC SLR 65 DISC

(画像は限定モデル¥286,000(税込)/通常モデル¥275,000(税込))

言うまでもなく現在のMAVICホイールはチューブレスの性能&取り扱いが最高レベルです。

今現在も45㎜を愛用しておりますが今回はリムハイト65㎜でのビワイチです。

平地では抜群の巡行性能で登坂でも見た目ほど重くないので結構イケると思ってました。

が、第一印象は・・・ゴツゴツする。

路面状況はさほど良くはないのですが、タイヤはここ数年愛用しているPIRELLIのチューブレスタイヤ「P-ZEOR VELO RACE SL 700×26c」を5.2barでの感触です。

手持ちのCOSMIC SL 45 DISC(旧型)で同じタイヤを同じ空気圧で運用していますが、しなやかかつ軽快でグリップもあるベストバランスでしたのでそのままの数値にしたのが失敗でした。

リムハイトが高くなるとリムの変形が少なくなりスポークも短くなることもしなりを少なくするので、結果としてホイールのクッション性が少なくなるということです。

ただし中盤以降のきれいな舗装された道路では気持ちよく転がってくれたので路面状況やバランスで良し悪しが出てしまいますね。

結局COSMIC 45と同じような感覚にするには、私の場合4.6~5.0bar辺りで乗り込んで合わせるのが良さそうです。

登っているときの印象は予想通り!チューブレスタイヤの軽快感と物理的な1570gという軽さ。

(ちなみに現行のCOSMIC SL 45 DISCは1,575g)

なのでホイールの剛性感も含めてしっかり登ってくれます。

重量が軽いだけならいろいろなホイールがありますが、パワーロスなくどんな場面でも走ってくれること&乗って軽いことがとても大事だと思います。

個人的にはCOSMIC 45シリーズが最もオールラウンドに使えるホイールだと思います。

スムーズな路面で山岳ツーリングやヒルクライムでなければ圧倒的にCOSMIC 65シリーズを使いたいですね。

なんといっても迫力がありますしカッコ良い!

補足ですが、体重の軽い方だと横風の影響や充分なクッション性が得られないかもしれません。

ホイール選びはMAVICマイスターである緑店の伊井か小牧本店の石田までお気軽にご相談ください!






▼カミハギサイクルからイベントのお知らせです

【Ride with Us!】一緒に走りましょう♪

■浜名湖一周ツーリング(走り納め)

2021年12月12日(日)

2021年の締めくくりのロードツーリング企画です。

湖畔の景色を満喫しながらロードバイクツーリングを楽しみましょう

お一人での参加も大歓迎です。

◆イベント詳細はこちらのブログからお願いします。

■女子ツーリング(走り納め)

2021年12月5日(日)

サイクリストが集まるログハウスのカフェへ♪

登り方、走り方などスタッフが優しくレクチャーいたしますので、安心して参加してください。おひとりでのご参加も大歓迎ですよ。

◆イベント詳細&お申込みはイベントカレンダーからお願いします。

■サンデーライド MTBツーリング

2021年11月28日(日)

愛知の里山でマウンテンバイクを楽しみましょう!

参加申込不要・参加費無料です。

◆イベント詳細はこちらをご覧ください。