緑店 伊井 孝之 2020.06.15

【知っておきたい基本機能】初めてのサイクルコンピューター選び

バーチャルライドもありですが、やっぱりリアルライド派の緑店スタッフ伊井です。

たまたま連続でお客様から『サイクルコンピューターっていろいろあるけどどれを選んだらいいの?』というご質問がありました。

初めてサイクルコンピューターを選ぶときはみなさん同様のお悩みがあるのかなということで今回はこの話題で。

結論は目的・用途に合うサイクルコンピューターを選ぶのがベスト!ということになるのですが

そのためにまずサイクルコンピューターの基本的な機能を知っておきましょう。

そのうえでご自分が何をしたいか・何を知りたいかで選ぶと納得のサイクルコンピューター選びができると思います。

基本的にサイクルコンピューターは
・サイクルコンピューター本体
・各種センサー
・バイクに取り付けるマウント

で構成されています。

役割として『サイクルコンピューター本体』は
時計機能を内蔵し各種センサーから送られてくるデータを
計算&処理して画面に表示します。

本体画像1

左からCAT EYE「PADRONE+」¥6,500(税抜)、CAT EYE「QUICK」¥5,500(税抜)

本体画像2

左からGARMIN「Edge830セット」¥57,800(税抜)、「Edge1030セット」¥86,000(税抜)、「Edge530」¥37,800(税抜)、「Edge130」¥23,800(税抜)

『各種センサー』には
①スピードセンサー・・・移動速度やホイールが1回転する時間を検知
②ケイデンスセンサー・・・クランクが1回転する時間を検知
③ハートレートセンサー・・・心拍計。脈拍の早さを検知
④パワーセンサー・・・力が加わってどれだけ変形したのかを検知
⑤GPSセンサー・・・位置情報を検知
⑥温度センサー・・・気温を検知
⑦気圧センサー・・・気圧を検知。高度計も同種
⑧方位センサー・・・コンパス
⑨光センサー・・・周囲の明るさを検知
⑩振動センサー・・・動作の検知

などなどたくさんのタイプがあります

①~④は独立したセンサーでそれぞれ設置する場所が決まっています。

⑤~⑩はサイクルコンピューター本体に内蔵しているモデルもあります。

センサー取り付け例です。

センサー画像

左:4iiii「パワーセンサー」クランクに取り付けます
右:CAT EYE「スピードセンサー」フォークとスポークに取り付けます

特に重要な①~④は主に何が計測できるかというと
①スピードセンサー・・・速度、平均速度、最高速度、距離
=どれぐらい乗っているのかを把握する基本情報
②ケイデンスセンサー・・・1分間あたりのクランクの回転数
=ペダルを踏むリズムを表示して目標とする回転数を維持する
③ハートレートセンサー・・・1分間あたりの心拍数
=楽ORキツいの目安。身体が必要としている酸素量の目安で長時間バテないようにするにはある程度の心拍数で維持することが大事
④パワーセンサー・・・ライダーが生み出している推進力
=物理的な身体の出力。自分の一定時間内での出力を把握することで無理のないペースを維持できる
となります。
①は最も基本となる情報、②~④は発展・応用の情報となります。
これらの数値の相関関係を読み解くことで更に効率的な体力管理ができます。

ちなみに⑤~⑩以降は走ったコースの詳細・状況を記録する情報や操作が楽になる機能となります。

これらをまとめると・・・

・基本的な情報で充分(速度・距離・走行時間+ケイデンス)であれば¥5,000~¥12,000位のシンプルなセットのもの

・地図や身体の状態を含めていろいろな情報がほしいのであれば各種センサーと接続も必要となるので、高機能なサイクルコンピューター本体と各種センサーのセットで¥30,000位~となります

※ただしパワーセンサーだけは非常に精密な電子機器なので単体で数万円となってしまいます。

ご購入の際の注意事項としては、
価格を押さえたシンプルな製品の場合、
使用する電波規格が「ANT+」や「BLUETOOTH」であればセンサーの追加や他の器具との連携もとれますが、
センサーの追加や携帯電話との連携はできない製品も多いです。

しかしシンプルゆえに
『操作が簡単』『表示もシンプル』
『電池の持続時間が長い』『トラブル・破損が少ない』
という特徴もあります。

私はこのように2種類を同時に使っています。

ハンドルセットアップ

上:GARMIN「EDGE820J」下:CAT EYE「PADRONE+」

これなら距離の記録や速度維持からバイクのメンテナンス時期が確実に把握できますからね。

GARMINのほうはコースの表示やパワー&ケイデンスの表示に使っています。

サイクルコンピューターはスポーツ自転車にお乗りの方には本当におススメのパーツです。
距離やスピード、心拍数などの数値がわかるとライドの楽しさがアップしますし、トレーニングにも役立ちます!
まだサイクルコンピューターを付けていない方はぜひご相談下さい。