小牧本店 遠山 裕司 2021.10.04

【美しい自転車に乗ろう】上手なバーテープの巻き方講座PART2

こんにちは

小牧本店遠山です。

今回はバーテープの巻き方講座第2弾!

第2弾では均等にバーテープを重ね巻きする方法とブラケット周辺を綺麗に仕上げる方法をご紹介します。

第1弾では巻き始め!バーエンド部分をキレイに仕上げるコツをご紹介していますので、こちらを見てからご覧ください。

まずは巻き始める前にバーテープの端を4センチ程度カットした端切れを2個準備しておきます。

バーテープの巻き方端切れを準備する

コレをブラケット周辺を巻くための目隠しにします。

ブラケットカバーは画像の様に折り返しておき、端切れをこんな感じで貼り付けます。

粘着のないバーテープの場合は、両面テープを使って貼り付けておくと楽チンです。

バーテープの巻き方端切れの外側

バーテープの巻き方端切れの内側

ここでのコツはブラケットのベース部分に端切れをかぶせない事です。

ベース部分に端切れを被せてしまうとラバーを戻した時に横にラバーがふくれてしまいます。

次に下ハンドル部分の巻き方です。

下ハンドルは緩やかにカーブをしています。

バーテープの巻き方重ねて巻く方法

カーブの緩い側(下側)を均等に重ねて巻いてください。

カーブのきつい側(上側)は重ねの間隔が狭くなりますがここは気にしなくてもOKです。

カーブの緩い側のバーテープを重ねる量は、テープの幅の1/4程度がおすすめです。

ブラケット部分まで被さるまで巻けたら、

バーテープの巻き方ブラケット到着

ブラケットの上側に切り返していきます。

バーテープの巻き方上側で切り返す

バーテープの巻き方引っ張りながら巻く

ちぎれない様に気をつけながら、しっかりと引っ張って巻きます。

バーテープの巻き方重ねを多めに

切り返した次の一巻きは重ね量を多めにとると、クッション性が良く快適です。

内側・外側はこんな感じになります。

バーテープの巻き方ブラケット内側

バーテープの巻き方ブラケット外側

端切れの目隠しが良い仕事をしていますね。

PART2はいかがだったでしょうか?

バーテープをきれいに巻くコツは

・適度に引っ張りながら巻く(一部モデルでは引っ張りNGなものもあります。)

・均等に重ねて巻く

が基本です。

さあ、次回PART3は

上ハンドル部分の重ね巻きの方法と巻き終わりをきれいに仕上げる方法をご紹介します。

お楽しみに!






▼カミハギサイクルからイベントのお知らせです

【Ride with Us!】一緒に走りましょう♪

■琵琶湖一周ツーリング

2021年10月24日(日)

恒例の”ビワイチ”です。

今回は運営方法が少し違いますので詳細は下記BLOGでご確認ください。

◆イベント詳細はこちら

■女子ツーリング

2021年10月17日(日)

久しぶりの女子ツーリングは「秋も走って!美味しいものを食べる」がライドテーマです。

今回は特にきつい坂もないので初心者女子も大歓迎です。

登り方、走り方、スタッフが優しくレクチャーいたしますので、1人でも安心して参加できるライドです。

◆イベント詳細はこちら

■【ゆる~く走ろう】エンジョイライド

2021年11月7日(日)

10~20km程度の短い距離をゆっくり走る初心者大歓迎のイベントです。

ロード・クロスバイク・eバイク(スポーツタイプ)の方にご参加いただけます。

◆イベント詳細はこちら