小牧本店 伊藤 祐次郎 2019.03.21

水無し10分の愛車洗浄!WAKO’Sクリーナーでスプロケットをピカピカに!

みなさんこんにちは!

今年初めて花粉の脅威を体感中のスタッフ伊藤です

花粉キツイですね・・花粉症の方頑張りましょう!

て花粉も飛び(?)いよいよ春本番の気候となってまいりました

冬眠から覚めこれから自転車楽しむぞ!という方も多いかと思います

そして久しぶりに自転車を見てみると意外と汚れてる・・・?というのも季節あるある(笑)

せっかくの新しい季節ですので愛車を綺麗にして気持ちよく走り始めましょう!

さて以前当ブログの別記事にて

「愛車の簡単お手入れ」「自転車を綺麗に!チェーン掃除の強い味方」

ボディ全体やチェーンの掃除の仕方をご紹介させていただきましたので

今回は意外と苦手という方の多い汚れの巣窟

リアのカセットスプロケット(後ろのギア)にポイントを当てた洗浄方法をご案内

yogoretasupuroketto

カセットスプロケットというのがこちら!後輪についてるギアですね

チェーンと同様に動きの多いパーツですので汚れやすいのですが

複雑な形状でブラシ等が入りにくく汚れがたまりやすいので

外して分解洗浄しないとキレイにならないと思っている方が意外と多いご様子

そこまで大変なことはなかなかやれないですよね

でもご安心ください!そこまでしなくても

和光ケミカルさんの誇るこちらのアイテムを使えば

パーツを外さず水洗いも必要なく時間もわずか10分足らず

満足いくピカピカ具合に出来ちゃいます!

syouhin

WAKO’S CHAIN CLEANER ¥1500+tax

WAKO’S FOAMING MULTI CLEANER ¥1,000+tax

ではこちらの二点がどれぐらい優れているのか

実際に洗浄作業をしながらポイントをご紹介していきます!

※用意するものは上記アイテムの他に

・手を汚れから守るためにゴム手袋

・汚れをふき取るウェス(おすすめは目の細かくほつれにくいマイクロファイバータオル)

・周りに汚れが飛ばないようカットした段ボールなど

があればさらにバッチリ!

⓵スプロケットにCHAIN CLEANERを吹きかけブラシで馴染ませる

yogore

まずはスプロケットにチェーンクリーナーを軽く全体に吹きかけます

burasi

その後付属のブラシ(又は歯ブラシなどでもOKです)でクリーナーとチェーンを馴染ませます

ここでポイント!この作業は汚れにクリーナーをしっかりと馴染ませるのが目的の為

ゴシゴシと汚れを擦り落とすというよりポンポンと毛先の先端で叩くように馴染ませるといいですよ

yogore2

どうですか?汚れとクリーナーが混じって最初より水っぽくなりましたよね

さてここがこのチェーンクリーナーのすごい所!他のブランドのディグリーザーやパーツクリーナーは

乾燥性が高いものが多く、汚れと馴染む前に乾いてしまい、なかなか綺麗に落ちませんが

WAKO’Sは非乾燥性の為しっかりと汚れに浸透して少量でもしっかり馴染んでくれるのです

しかもシールやゴムを傷めにくい為フレームなどにかかってしまっても安心!

初めての清掃作業だという人にぴったりです

⓶汚れとチェーンクリーナーを拭き取る

fukitori

汚れと混じったチェーンクリーナーを拭き取っていきます。

目の細かくほつれにも強いマイクロファイバーのウェスを使うと細かい汚れもしっかり取れますよ

yogore2

>汚れの残りやすい歯と歯の間はウェスを縦にしてスライドさせるように拭き取ると奥までしっかり拭き取れます

hikaku

いかがでしょう?左側と見比べるとこの時点でもかなりきれいになりましたね!

⓷FOAMING MULTI CLEANERを全体にかけて再度拭き取る

先程のふき取りだけでも十分綺麗になりますが、残った汚れをしっかり落とす為

さらにFOAMING MULTI CLEANERを吹きかけてキレイにしていきましょう

yogore

フォーミングマルチクリーナーは弱アルカリ水溶性のノンシリコンスプレーの為抜群の汚れ落としを誇りながら

チェーン汚れだけでなくフレームやホィール・タイヤの汚れもOKの万能洗浄剤となっております

今回のように汚れ落としの仕上げはもちろん単体でボディ洗浄などにもおすすめですよ!

その後は再度ウェスを使って全体を綺麗にしていきます

pikapika

ジャン!いかがでしょうか?最初と比べかなりピカピカ!

実際の作業時間は6分弱と非常に簡単な上、水を使う必要もない為

周りへの配慮も簡単なのもうれしいですよね

チェーンだけじゃなくスプロケットもピッカピカになった愛車は見ていて気持ちいいですよ

セルフ洗車への第一歩としてぜひ一度チャレンジしてみて下さいね!