小牧本店 森 健一郎 2019.05.09

初心者必見!マウンテンバイクの選び方(後サス必要性の説明編)

令和初!!!
富士見パノラマに行ってきました。

※長野県にある日本最大級のダウンヒルコース

 

やっぱり面白い!

「マウンテンバイクを知らないと損してますよ~。」

スキー、スノーボードを楽しむ感覚と一緒じゃないでしょうか。

 

・操作している感じ。
・スピードが上がった時のコーナーリング時の気持ちよさ。
・自然の中で自転車に乗っている爽快感。
・上手くなったことを感じる充実感。
・コースごとにちがうシチュエーション。
・体を動かした運動した充実感。
・楽しい仲間と共有する時間。

 

まだまだありますが楽しい点を挙げるとこんな感じでしょうか?
楽しすぎてこんな顔になっちゃいます。

”fijimi”
※下品な顔ですみません(笑)

 

◆用語説明
ハードテール・・・前輪側のみサスペンションが装備されているマウンテンバイク
フルサス・・・前/後輪両方にサスペンションが装備されているマウンテンバイク

 

”ハードテール”

TREKのマウンテンバイク一覧

ただ、この時はハードテールで下った為相当しんどかったです。
初心者コースですがブレーキをかけていないと時速45kmは出ていると思います。
前にしかサスペンションが無い為、スピードが上がる度に地面からの突き上げが増し
油断すると転倒してしまいます。

 

”フルサス”

TREKのマウンテンバイク一覧

こんな時に楽なのがフルサス。
スピードが出ていても体の下でサスペンションが地面の衝撃を吸収。
ブレーキもよく効き、タイヤもスリップしにくく乗り手のテクニックを助けてくれます。

 

下りだけでなく登りも跳ねずに路面追従するので
スルスルと面白い様に登っていきます。

 

結論から言うとフルサスは必要です!
楽でケガも少なく、あらゆるリスクが少なくマウンテンバイク遊びが楽しめます。
しかし、高価ですのでどこまでハマるか判らないのに購入するには勇気がいります。

 

テクニックを身につければフルサスでなくともハードテールでも

十分楽しめます。

ハードテールでテクニックを身に付け
フルサスで思いっきり楽しむ。

 

マウンテンバイクにハマるとどちらも必要になると思いますが
まずはハードテールから。
ハードテールだと買いやすく上達も判りやすいです。

 

ロードバイククロスバイクで自転車の魅力に憑りつかれた方。

マウンテンバイク面白いですよ~!
乗ってみて下さい!!

 

TREKのエミリーちゃんのバイクの勧め方は、私と若干違いますが参考にしてください。