小牧本店 伊藤 祐次郎 2018.10.30

自転車が倒れた時に!愛車のチェックポイント

皆さんこんにちは!楽しく自転車に乗っていらっしゃいますか?

今回は普段メカニックなどにご相談いただく、意外と知らない方も多い

自転車の不調の原因について少しご紹介させて頂きます!

自転車を乗っていると気を付けてても転んでしまったり自転車を倒してしまったりした事が一度や二度ありますよね

そんな時は愛車のキズなどをチェックするかと思いますが一緒に後ろ変速機もチェックしてみましょう

リアディレーラー1の写真

『あれ?見たことない傷がある…』そんな時は注意!

スポーツバイクの多くは一般的なシティ車と比べより軽く、より楽に走れるよう

変速の機械が外装式の物を多く採用していますがその変速機を右側に自転車が倒れた際にぶつけてしまう事があるんですね

そしてそのぶつかり具合によっては変速機やフレームパーツ等に変形が発生してしまうことがあり

変形を放っておくと切り替えの不調やパーツの破損の原因となってしまう場合もあるのです!

『自分の自転車もしかして?』と思った方は簡単なセルフチェックをしてみましょう

チェーンラインが真っすぐになるよう後ろの変速を真ん中の4~5段目に合わせて後ろから変速機を見てみましょう

リアディレーラー2の写真

正常な状態がこちら

ギアと変速機とチェーンが一直線になっておりスムーズにチェーンが動きます

では次に変形が起きてしまった自転車です

リアディレーラー3の写真

変速機の部分が斜めになってしまっていますね

下の画像の状態で走ってしまうとチェーンが上手く動かず

変速がスムーズに行かないのはもちろん場合によっては漕いでる途中に機材が壊れ

パーツやフレームの破損・ケガの原因となってしまう危険もあるのです

さていかがだったでしょうか?『そういえば転んでから調子悪いな・・・』という方や

『あれ、曲がっている!』という方、メンテナンスをして安心に楽しく自転車をエンジョイしませんか?

整備のご相談もぜひお気軽にお声掛けください!お待ちしております!