小牧本店 岩瀬 群青 2019.02.20

初心者にも解かる!ロードバイク、ブレーキシューの交換時期

こんばんは。
知多イチの試走で運動不足のやばさを実感している岩瀬です。
だいぶ暖かくなり花粉の飛散も始まった様ですが皆様乗っていますか!?

今回はシーズンイン前に簡単にチェックできる

「ブレーキシューの交換時期確認!」です。

極端な例ですがこのくらいまで走りこんでしまう方もチラホラお見えになります。

実際ブレーキシューの限界はもう少し先なのですが、ここまで減ってしまうと他の部分への影響が出てきます。

こんな風に!!

見えにくい? それならこうだっ!

いかがですか?はみ出てますよね…
このまま使用を続けるとはみ出たブレーキゴムがタイヤに接触し、最悪タイヤのバースト(破裂)を引き起こします。
ブレーキレバーの引きしろ調整はブレーキについているアジャスターで可能です。

しかし実はブレーキシューが減りすぎるとシューの位置調整までしないといけないのです!

そしてここまでブレーキシューが減っていると交換をして1~2年以上が経過しているケースがほとんどです。

乗車環境や保管環境にもよりますがゴム製品(タイヤ・ブレーキシュー)などは経年劣化が激しいのでスポーツバイクであれば2年程度での交換をオススメしています。

そして今ならなんと、決算セール中ですので在庫があれば10%オフですよ!!

シーズンインする前にこういった消耗品を変える絶好のチャンスです。判断に困るときにはお気軽にバイクをお持ちください。

スタッフが確認させていただきご案内いたします。

ちなみにトップ写真はブレーキシューが摩耗しきり、シューを支える金属軸によってリムが削られ割れてしまった写真です
( ^ω^)・・・ヤバイ