小牧本店 森 健一郎 2019.07.17

新キャノンデールの2020モデル発表会に行ってきました。

展示会正面写真

昨年からロゴが変わったり、メインカラーが変わったりと
ザワザワしているキャノンデール。
舞台裏では大きな変化が訪れていました。

 

「昔は良かった…」ではダメ。
時代に合わせた変化をする為に
「新しいバイクの創造」「ライダーと共に新しいライドを創造する」

Our product is your ride

に方向性を定めました。

 

何年も前からそうだったような自然なデザイン。
ガラッと変わったデザインは完全に統一され違和感は全く感じません。
塗料も高級なものを使い、ロゴよりもバイクを際立たせるデザインに一新しました。

試乗バイク写真

 

今回の発表会はリニューアル、新作のオンパレード!

 

◆caad13

前作のCAAD12も相当良かったのですが、さらに進化した振動吸収性と漕ぎの軽さ。
もはやアルミフレームの域を超えています。

caad13red

caad13のラインナップはこちら

 

◆supersix evo

さらにのりごこちが良くなり、漕ぎが軽い!登りが苦手な人にピッタリ。
今までCAAD12の影に潜んでいたカーボンフレームが一気に抜きん出ました。
確実にアルミよりも上の性能になっています。

supersix evoのラインナップはこちら

◆Supersix evo Hi-Mod

飛ぶように軽い走り、レースバイクの様に進むのに、
とても乗り心地が良い最高のバイクです。
もはや非の付けどころがありません。

supersix evo Hi-modのラインナップはこちら

 

◆Topstone carbon

1990年代アメリカで行われていた「カミカゼダウンヒル」にインスパイヤされた
オフロードをかっ飛ばせるロードバイク「トップストーン カーボン」。
3年かけて全く新しいフレームのしなりを使ったサスペンションシステム
「KING PIN」により3センチものストロークをするフレームを作ってしまいました。
あきれるほど柔らかい乗り味、あきれるほど軽い走りをするグラベルロードバイクに仕上がっています。

top srone carbonのラインナップはこちら

 

◆Treadwell

スマホを多く活用する新世代に向け作られた健康志向バイク「トレッドウェル」。
ダートカスタムバイクにインスパイヤされたデザインがカッコいい!
キャノンデールセンサーが装備され、スマホアダプターを購入するとすぐに装着/連動させることが可能です。

treadwellのラインナップはこちら

 

マウンテンバイク、こども車にも新作&リニューアルがありました。

マウンテンバイクのラインナップはこちら

アーバンライドバイクのラインナップはこちら

フィットネスバイクのラインナップはこちら

KID’Sバイクのラインナップはこちら

店頭にカタログの用意がありますのでご覧ください。

 

◆キャノンデールアプリケーション

2020モデルからcannondaleセンサーが付いてくるモデルがあります。(別売りの場合¥7,560)
自動的に走行記録を記録してくれます。
スマホのキャノンデールアプリと連動させると
走行データはもちろん、メンテナンス時期オイルをさすタイミングを教えてくれたり、
パーツの説明書分解図の検索など、
自分の乗っているバイクの情報が調べられる機能が備わっています。
次世代のライダーに向けた新サービスですね。

アプリの写真

9月ごろには新たに見やすいホームページに生まれ変わるそうです。

 

もはや新メーカーが登場した様な全体的なリニューアル。

 

雨の降りしきる中しっかり試乗しましたが、やばいバイクばかり。(もちろん良い意味で)
お世辞抜きですべてのバイクが進化していました。
今まで色々なメーカーの展示会を見てきましたが
これほど大量にリニューアルを完璧に仕上げてきたメーカーは無いと思います。

 

気合い十分のキャノンデールのバイクをあなたの愛車にしてみませんか?