小牧本店 島袋 賀功 2019.02.22

【ヘルメット選びの基準】新しい安全機能「MIPS」付きはいかがですか!

みなさんヘルメット選びで悩んでいませんか?

交通法規上は、ヘルメットの着用を義務付けてませんが、実際ロードバイクなどのスピードが出るバイクなどは、被らないと危険です。

最近のヘルメットは、機能性に優れていて見た目もGOODな物が多くなりましたね。

そんな方におススメの機能「MIPS(ミップス)」が使用されたヘルメットをご紹介します!

まず初めにMIPS(Multi-directional Impact Protection System)とは?

多方向からの衝撃に対する防護システム。

長年の研究から開発された、脳自体が持つ防護性とMIPSの組み合わせが、斜めからの衝撃に対して、高い保護に繋がるシステムの事を言います。

これを見て頂くと解りますが、ライナーと内装パッドの間に低摩擦レイーヤーが入っていて、ヘルメットに斜角衝撃が加わったとき、このレイヤーによってヘルメットが頭に対して相対的にスライドします。

ですからMIPSを搭載したヘルメットは、回転エネルギーと回転力を吸収し、方向を変えることで回転運動を減少させる効果がある事が実証されています。

簡単に言うと、頭を衝撃から守るすごく画期的なシステムなのです。

MIPSのレイヤー構造

一例ですが、このように内側にレイヤーが入っています。

ヘルメットメーカーもMIPSを搭載したモデルがどんどん増えてきていて、当店にも取り揃えています。

Bontrager Velocis MIPS Asia Fit Road Helmet

Bontrager Velocis MIPS Asia Fit Road Helmet ¥23,148(税抜)

Giro CINDER MIPS Helmet

Giro CINDER MIPS Helmet ¥16,800(税抜)

BELL Z20 MIPS Helmet

BELL Z20 MIPS Helmet ¥29,000(税抜)

MIPSステッカー

MIPS搭載のヘルメットの見分け方は、ヘルメットの後面にこのようにステッカーが貼られているので簡単に見つける事が出来ます。

事故などの強い衝撃を受けたヘルメットは当然交換することをお勧めしますが、それ以外にもヘルメットの機能は経年劣化による寿命があります。

ヘルメットの交換時期はおよそ3年が目安となっています。

どれだけ大切に使っていても、紫外線や汗などにさらされることで経年変化で少しずつヘルメットの衝撃吸収性能が低下していくんです。

そろそろ交換時期に来ている方、初めて購入する方、是非MIPS搭載のヘルメットを選んでください。

▼カミハギサイクルからのお知らせです

<話題のTeammachine SLR01にどこよりも早く試乗できる!!>

【BMCロードバイク試乗会】

<開催日時>

2020年11月29日(日) 10:00 ~ 16:00

<開催店舗>

カミハギサイクル小牧本店

◆試乗車ラインナップは こちらのブログをご覧ください。


<イタリア製のハイクオリティサイクリングウェア「ピセイ」を試してみませんか?>

【PISSEI POP UP SHOP】

<開催日時>

2020年11月20日(金)~11月30日(月)

<開催店舗>

カミハギサイクル小牧本店 & 緑店

◆ポップアップストアの詳細は こちらのブログをご覧ください。