小牧本店 島袋 賀功 2020.06.25

【GARMIN】後ろからのクルマを検知『Variaリアビューレーダー 』新発売

皆さん、クロスバイクで自転車通勤しているときやロードバイクでツーリングしているときに後ろから来た自動車に『ヒヤッ!』とした経験はありませんか?

今回のブログはそんな危険な経験2度としたくない方にオススメの新発売アイテムのご紹介です!!

最大140m後方からの車両を検知してお知らせする機能を搭載した、GARMINの新しいリアビューレーダー『Varia RTL515 リアビューレーダー』と『Varia RTL315 リアビューレーダー』です。

『Variaリアビューレーダー』は、世界で初めてミリ波レーダー技術を採用したモデルの第三世代に進化した機種です。

ミリ波レーダーとは、ミリ波帯の電波を使って対象物との距離、その速度や角度を測定するレーダーの事。

赤外線や超音波方式のセンサーと比べると直進性の高い電波なので、雨や、雪、霧などの悪環境下でも対象物を検知できる優れもの。

皆さんご存じの自動車のADAS(先進運転支援システムやドローン等)にも使われていてる最先端技術なんです!(^^)/

Variaリアビューレーダーはこれから自転車には必須のアイテムになっていくでしょう。

こちらが、メーカーの説明動画です。

新しい『Varia RTL515リアビューレーダー』の前作との違いは、スマートフォン専用アプリとペアリングすれば、トーンとバイブレーションアラートで知らせてくれるので、EdgeなどのGraminデバイスがなくても使用できるということ。

しかもライダーに知らせるだけでなく、リアライト機能を生かしてライトの点灯パターンを変化させ後方からくる車のドライバーにも自転車の存在をアピールしてくれます。

また、稼働時間がデイライトモードで約16時間(点灯モードは約6時間)を実現しました。

続いてもう一つのモデル『Varia RVR315リアビューレーダー』は、レーダー機能はRTL515と同等のまま、テールライトを省いて価格を抑え¥16,800(税抜)と大変お求めやすくなっています。

両モデルとも薄型でコンパクトなので、専用のパーツでこのように簡単&スマートに取り付けをすることができます。

リアビューレーダー取り付け画像

上:Varia RTL515リアビューレーダー  下:Varia RVR315リアビューレーダー

気になるスペックは以下の通りです。

GARMIN 『Varia RTL515リアビューレーダー』

•サイズ: 98.6 x 19.7 x 39.6 mm
•重量: 71 g
•ライトモード: 点灯、ナイトモード、デイモード、プロトンモード
•明るさ: 点灯20ルーメン、ナイトモード29ルーメン、デイモード65ルーメン、プロトンモード8ルーメン
•稼働時間:デイモード16時間、プロトンモード8時間、点灯6時間、ナイトモード6時間
•ANT+:○
•BLE:○
•防水等級: IPX7
•視野角: 220°
•価格¥23,800(税抜)

GARMIN 『Varia RVR315リアビューレーダー』

•サイズ: 40 x 72 x 20 mm
•重量 :51g
•稼働時間:最大7時間
•ANT+:○
•BLE:○
•防水性能:IPX7
•価格¥16,800(税抜)

これがあればいちいち後ろを振り向くとこなく安心して走行できるので、楽しい自転車生活を送る事が出来ますよ♪