緑店 三宅 尚徳 2021.06.11

【ペダリング効率アップしたいなら】ペダル型パワーメーターGARMIN「RALLY」

皆さんこんにちは!

梅雨ですがここ数日はうだるような暑さが続いていますね。

コロナもですが、ライド中は熱中症にもお気を付けください。

適度な水分補給を忘れずに!

近年は室内トレーニング用に

静穏性やサイクリングアプリとの相性から

スマートローラーが普及して

パワーを測ることも多くなりましたね。

そうなると実走時にもパワーを測りたくなりますよね。

4月から発売が開始されました

ガーミンの新しいペダル型パワーメーターをご存知ですか?

『RALLY』

RALLYペダル

前モデルのVECTORシリーズとの大きな違いは

シマノクリートに対応したという事では無いでしょうか。

シマノペダル使用率が高い日本では

シマノクリートに対応してくれた事は非常にうれしいですね。

こちらはシマノクリート対応の

RSモデル

  

RALLYシマノ対応RSモデル

こちらがLOOKクリート対応の

RKモデル

RALLY LOOK対応RKモデル

元々が良く似た形なので、パッと見ではどちらかなのか分からないですね(笑)

両側計測の RS200・RK200は ¥140,800(税込)

片側計測の RS100・RK100は ¥86,900(税込)

以上の4モデルがラインナップされています。

前モデルとの違いでもう一つあげると

電池周りが大きく変わりました。

RALLY本体のネジステンレス

左側が新型になりますが

本体のネジ部分が樹脂からステンレスに変わりました。

これにより電池交換時のネジ山を潰すなどのリスクが軽減できています。

蓋部分の赤いパーツも前作からパワーアップして通電性を大幅に向上しました。

ペダルの軸部分で計測しますので

ペダリングのパワーを非常に高い精度で測ってくれます。

測定精度 ±1.0%

ペダルのどの部分に力がかかっているのかや、左右バランス等が

EDGE530以上のモデルであればリアルタイムでわかります。

RALLYペダルバランス等をEDGEで確認

後々に100から200へのアップグレードや

RS⇔RKのコンバージョンキットも出ています。

落車などでペダルが傷ついた時にも

ボディ交換ができるようになったので非常にありがたいです。

自転車を複数台持ちでそれぞれにパワーメーターを付けるのは

コスト的に大変ですから、ペダルタイプは便利では無いでしょうか?

是非、候補に入れてみてください。

ちなみに、店頭在庫の旧モデル「VECTOR3」は特別価格にさせていただきます。

お買得ですので、そちらも候補にご検討ください。

ご来店お待ちしています。