緑店 久野 稜汰 2021.07.16

【おすすめ4選】インナーウェアで快適サイクリングを!!

こんにちは緑店の久野です。

最近夏らしい気温になってきました。

急な土砂降りがよくあるので乗りづらい時期ではありますが

あと数日で梅雨が明けて自転車シーズンの夏が来ることでしょう。

ところで、自転車に乗る時にインナーウェアは着ていますか?

インナーウェアは外からほとんど見えないため軽視されがちですが、

着ると着ないではサイクリングの快適性が大きく変わってきます。

▼スポーツ時にインナーウェアを着ることの大切さ

一般的なサイクルジャージだけでも汗を素早く外に排出する機能はありますが、

素肌とウェアの間にインナーウェアを1枚はさむことによって、

さらに素早く肌からサイクルジャージまで汗を運んでくれるため

肌にサイクルジャージが張り付く不快感を軽減し、サラサラな状態をキープしてくれます。

▼インナーウェアが本領発揮するのは自転車を降りて休憩するとき

暑い日にサイクリングをしたことがある方は体験があると思いますが、

自転車を降りると急に汗が噴き出してきますよね?

そうなってしまうとサイクルジャージ1枚だと汗の排出が追い付かず、

休憩時にジャージがベタベタで不快に感じてしまいます。

また冷房が効いた場所であれば汗が冷えて体温が奪われ、

最悪体調を崩す可能性もあります。

そんな時にインナーウェアを着ていれば

汗が冷える前に素早く排出してくれるので、体温の急激な変化が無くなり、

数分でインナーは乾き、サラサラな状態でサイクリングを再開することができます。

このようにインナーウェアを着ると着ないでは快適性は大きく変わってきます。

外から見えにくいため普段着にも使う事が可能です。

この機会にインナーウェアを着てサイクリングしてみるのはいかがでしょうか?

▼おすすめインナーウェア4選

ここからは各メーカーのインナーウェアをご紹介します。

カペルミュール ノースリーブアンダーウエア

カペルミュール

ノースリーブアンダーウエア エアリーメッシュ ¥4,400(税込)

柔らかく全方向によく伸びるためライド時の幅広い動きに対応しており、

肩にあたる部分は継ぎ目のないフラットシーマ縫製でストレスフリーな着心地です。

パールイズF111

パールイズミ

F111 ¥5,500(税込)

一般的はスポーツアンダーウェアよりもベタつき感がなく、

サラッと感を保ち続けるCOOL FIT DRYを取り入れたアンダーウェアです。

PISSEI ATTAQUE

PISSEI

ATTAQUE ¥5,390(税込)

ヨーロッパブランドらしい鮮やかなカラーリングのインナーウェアです。

ジャージのカラーに合わせてインナーを選ぶのもいいですよね♪

FREEZE TECH冷却シャツ

FREEZE TECH

冷却シャツ ノースリーブクルーネック ¥6,050(税込)

冷却メッシュシャツ ノースリーブクルーネック ¥7,700(税込)

接触冷感の生地に冷感プリントを施すことで、気化熱・プリント・接触による3つの冷感効果を発揮し、

インナーウェアが涼しさを作り出します。

ぜひこの夏はインナーウェアを着てサイクリングしてみてください。

ライドが格段に快適になるのを体感できると思います。