ソロキャンプ派への福音!?グラベルバイク TREK 1120!!

キャンプ・アウトドアジャンルが盛り上がっているそうなのですが、自転車スキーな我々も流れに乗るべく自転車でどうキャンプするかを模索する日々を過ごしておりました。

グラベルロードやアドベンチャーバイクに活路を見出し、バイクパッキングでソロキャンプを敢行する猛者もいれば、荷物は車にのっけて現地で集合するスタイルのロングライド+キャンプでアウトドアを楽しむ人たちもいます。

出来るだけ自転車ですべてを完結させたい

こう思うのは自転車が好きな人たちならではではないでしょうか?しかし、重量物が多いキャンプになると、バイクパッキングでキャンプ道具を運ぶのは不安…という感じではないでしょうか?

そんな方にTREK 1120!!

リジッドフォークのMTBをベースにフロントキャリアとリアキャリアを装備したアドベンチャー&ツーリングマシン!!

リアキャリアの変わった形は、↓の写真のようにハーネスを用いてドライバッグを固定出来る便利仕様!!

バイクパッキングの道具を生かしつつ、重量物を安定して運ぶことが出来るように出来るフロント&リアキャリア!!

フロントバッグも便利なんですが、やはり耐荷重が増えすぎるとお辞儀しちゃったりケーブルに干渉するライトに干渉するなどのアレコレがありますよね。

ということでこういう風にキャリアを使っちゃうと楽~に荷物を運べますよ!!
だいぶエクストリームな画像ですけどね!!

これだけだとまだ荷物が…というハードキャンパーの皆様、フロントフォークにドライバッグを固定出来るマウントがBontragerから出ておりますよ!!

720 Fork Mount System ¥6,591-(税込)

十字のハーネスでしっかりドライバッグを固定!!(ドライバッグは付属しません)

これだけ魅力のある1120ですが、気になるお値段は¥279,720-(税込)!!

受注生産となりますので、気になる方は是非ご予約をお願い致します!!

コレでアドベンチャーしてみませんか?!

トレック2019モデル展示会に行ってきました!!

毎年この時期になるとニューモデルの話で皆様ソワソワしているかと思います!!

1年のうちでも自転車乗りにとっては楽しみな時期ですよね~。

ということで、トレックの2019モデル展示会「トレックワールド2019」に行ってきました!!

今年の目玉はなんと言ってもMadone SLR!!

各メディアからプロ選手、はたまた我々ホビーレーサーからも絶賛されたクラス最高の空力性能はそのままに、さらなる快適性を手に入れたスーパーバイク。

今年はディスクブレーキモデルも用意され、皆々様のご要望にあらゆる角度から答えられるようになっております!!

さら~に昨年末頃から話題のスポーツEバイク!!

こちらも素晴らしい新製品が発表されましたよ!

Dual Sport +

VERVE+よりもよりツーリング・スポーツライド向きのDual Sport+の登場です!ボッシュの新型バッテリーユニットを採用し、今までどうしても出っ張ってしまったバッテリーをダウンチューブに格納しました!!

それだけでなく航続可能距離も160㎞超を達成!!

ちなみにこの数字はアシストパワー比率50%時のものですよ!カタログスペック上200㎞超を謳う他社製品もありますが、アシストパワー比率が15%時と非常に低い状態です。

つま~り、このボッシュユニットを採用するDual Sport +はまさに最高のEバイク!

お値段はVERVE+よりも上がって¥352,000-(税抜)となりましたが、スペシャルなEバイクをお探しの貴方・貴女に是非!!

試乗などもしてきましたので、また改めてブログにてご紹介させていただきますね!!乞うご期待!!

既にお店に入荷している商品なども多数ございますし、入荷待ちの商品も納期のお知らせなどは出来ますので、気になるものがありましたらまずはご来店・お問い合わせくださいませ!!

それでは、Have a good ride!

【暑さ対策】ヒンヤリグッズで楽しいライドを!!

暑くてもサイクリングを楽しみたい皆さまにヒンヤリグッズのご提案です!
最初にご紹介するヒンヤリグッズはCOOL TACのアームクーラーです!
COOL TAC
アームクーラー¥3,024

このアームクーラーのおすすめポイントはズバリこの6つです~
①冷却効果で涼しく、皮膚表面をドライに!
シームレスレス加工で、縫い目の擦れ等による痛みやストレスを軽減!
③とてもよく伸縮しますので、体にぴったりフィットし激しい動きにも対応!
過度な圧迫がなく、圧迫が苦手な方にも!
⑤水に浸して、軽く絞ってから着用すると始めから涼しく快適!
90%以上の紫外線をカット!

安価な商品も出ておりますが、機能性が抜群に違います!
汗を吸い取り気化熱で冷却するのでとっても涼しいです٩( ”ω” )و

次にご紹介するのはこちら~
THERMOSから自転車専用設計のストローボトルが登場しました!!
THERMOS
真空断熱ストローボトル¥3,888

おすすめポイントは3つ!
①高い保冷力
ステンレス製魔法びん構造の高い保冷力で室温35度でも10度以下を6時間キープします。また、たっぷり大容量の600ml。氷もOKということなので、500ml+氷でより冷たい飲み物を飲むことができます。

②ゲージにフィット
様々なケージにはまる最大径約73㎜(金属本体部分の最大径)となっておりゲージから取り出しやすい形状になっております。
本体重量も約270gと軽量です!
飲みやすいストロータイプ
ワンタッチ・オープンで素早く飲めます。
さらに、ボタンは押しやすい大きなプッシュボタン式で飲みやすさを追求した設計になっています!

例年に比べ、暑い日が続いております、本日ご紹介したアームクーラーとボトルを持って快適なライドを楽しみましょう!
以上、太陽より暑く輝くアルバイター鈴村でした(/ω\)

NEW EMONDA ALRデビュー!!

アルミと言えばC社の独壇場。そんな市況の中、2015年にデビューしたEMONDA ALRがアルミロードバイク市場の雰囲気を一変させたのは記憶に新しいですね。

そんな衝撃的なデビューを飾ったEMONDA ALRの新モデルが2019モデルで投入されますよ!!

大きな変化はケーブルルーティングが外装だった2015モデルから、現行のSLRフレームのように内装化された点です。

さらにブレーキもダイレクトマウントを採用し、より安定したブレーキングが可能となっています。

気になるラインナップは以下の通りです!

2019 EMONDA ALR 105 ¥185,760-(税込)

2019 EMONDA ALR Tiagra ¥145,800-(税込)

残念ながら105のデリバリーの遅れもあって、105モデルが届くのは現在の予定で10月頃となっております(早まる…と良いなぁ…)。ティアグラモデルは来週にも届くかと思います。105モデルをできるだけ早くほしいという方は是非、今のうちにご予約をお願い致しま~す。

そしてそしてEMONDA ALRにもディスクブレーキモデルが投入されます!!

2019 EMONDA ALR DISC 105 ¥214,920-(税込)

バイクの仕様に制限が掛からないホビー ライドやツーリング系イベント、はたまたエンデューロレースであれば、ディスクブレーキが使えます。ディスクブレーキの制動力・安定性・引きの軽さはものすごく魅力ですよ~。

特に女性や握力に自信がない方にオススメです。下りで「手がダルい…」なんてことが減って、のぼりもくだりも今までよりも楽しめるようになりますよ~。

こちらも105デリバリーの遅れから10月頃を予定しております…。ご予約は!お早めに!!

それでは、皆様のご来店お待ちしておりま~す!

ディスクロードをお探しの貴方・貴女に!!

遂に105までディスクブレーキモデルが用意され、いよいよ皆様の手に届きやすくなるか!?というディスクロードバイクですが、TREKも動き始めました!!

2019 DOMANE SL5 DISC ¥303,480-(税込)

「待ってました!!」という方も意外と一杯いらっしゃるのではないでしょうか。

納期は9月以降となっております。「待ってた!!」という方、早めのご注文がですよ~。

JCF関連のレースやクリテリウムなど使用が制限されたり、ためらわれるレース場面を除けば、ディスクロードは非常に使い勝手の良いロードバイクです。ホビーライダーからするとディスクロードのデメリットはわずかな重量増(300~500g程)のみと言っても良いくらいです。

メンテナンスが…と言われることもあるのですが、パッドの減り具合に気を付けるのとオイルがかからないようにする位で、心配なときはたまにお店に持ってきていただければ普通のキャリパーブレーキと同じように整備致します。

実際、ささしまスタッフの2名とも、普段乗るロード・グラベルはディスクブレーキモデルですよ~。

そしてEMONDA SLシリーズにもディスク化の波が!!

2019 EMONDA SL 6 DISC ¥380,160-(税込)

こちらはULTEGRAモデルなので既にメーカーに在庫がございますよー。しかし、残念ながらSL5の設定はございません!

ちなみにディスクモデル以外にもEMONDA SLシリーズ、DOMANE SLシリーズが発表されております。

2019モデルが気になるなぁという方は是非ご質問下さいね!!

皆様のご来店お待ちしております!!

新コーナー完成!!

先日スパカズのオシャレ靴下をご紹介しましたが、好評のためスパカズコーナーを設置しました~
バーテープ、やボトルゲージ、エンドプラグなどスパカズづくしの一角となっております!

特にかわいいのが!この色!!
角度によって色が変わって見えるので目を引かれちゃいますね~٩( ”ω” )و

定番の色から変わった色までご用意ございます!
お気に入りの組み合わせでオシャレな自転車に変身させて楽しいライドに出掛けましょう!!

ぜひ一度お店に足を運んでみてくださいね~

NEW MADONEデビュー!!

2019モデルのBIGNEWS~٩( ”ω” )و

TREKのフラグシップモデルMADONEがフルモデルチェンジしました!

TREK MADONE SLR ¥680,400~

※PROJECT ONEオーダー時は仕様により金額が異なります。

パッと見の違いは分かりにくいかと思いますが、中身は大きく進化を遂げていますよ!

ズバリ!NEW MADONEのおすすめポイントは

①風の抵抗を極力少なくするためにワイヤー類を一切外に出さないインテグレーション
②ブレーキもフレームに一体化するような設計
③エアロロードバイクとは思えない快適性を生み出すISOSPEEDがさらに進化!前作比+17%の快適性を手に入れました!!

エアロで各社がしのぎを削る中、実証済みの最高の空力性能に、他社を圧倒する快適性を兼ね備えたMADONE SLRはまさにスーパーバイク!!

また、ジオメトリも見直され、H1.5フィットという新しいフィットが採用されております。H1とH2の中間のようなフィットですが、2ピース構成になった専用ハンドル、ステムにより角度、長さなど幅広い調整が可能です。

さらに昨今話題のディスクブレーキモデルも用意されております。

MADONE SLR 6 DISC ¥680,400- (税込) ~

(*プロジェクトワンの際は価格が変化致します)

重量増を最小限に抑えたディスクブレーキモデルはトータルでリムブレーキモデルからわずか300g増の7.4kg(56cm SLR9 完成車重量の比較時)。

皆の憧れ、スーパーバイク MADONE SLR、ぜひ手に入れてみませんか?
TREKより発売記念として7/7(土)よりPROJECT ONEでMADONE SLRをご成約頂いた先着100名様に、マドン峠をモチーフにしたジャージ、ソックス、ボトルオープナーの3点セット(非売品)をプレゼントするキャンペーンもはじまっております!

■キャンペーン期間
2018年7月7日(土) ~ 先着100名終了まで

■応募条件
・日本国内のトレック正規販売店で、2019年モデルの新型Madone SLRをカスタムプログラム「Project One」を通じてご注文いただいた方
・フレームセットでのご注文も対象となります。

詳しくはこちら→キャンペーン特設サイト

皆様のお問い合わせ、ご注文、お待ちしております!!

ス パ カ ズ !

SUPACAZ(スパカズ)からユニークなサイクルソックスが発売されました~
SUPACAZ
¥1,512

今回ご紹介するのは、ロング丈のソックスです!!
素材にナイロンを使用しているスパカズのソックスには通気性を高めるテクノロジーその名もCool Airが採用されており夏場のサイクリングでも快適に過ごすことが出来ます。

ふくらはぎの部分に「スパカズ」をあしらったシンプルなデザインながら、ロゴが英語ではなくカタカナで表記されているのがオシャレです(^^)/
カラーラインナップはネオンイエロー×ネオンピンク、ネオンパープル×ネオンイエロー、チェレステ×ネオンピンクの3色をご用意致しました!
インパクト大でプレゼントにも良さそうですね~

人気色はすぐに売り切れてしまいますので気になっている色がある方はお早めにご来店ください!
以上スパカズソックスを秘かに狙っている鈴村でした~

Twist Me!!

ドイツのボタンメーカー「Fidlock」(フィドロック)発!!
マグネットホルダーを利用したボトルとボトルホルダーのセット「TWIST Bottle set」(ツイストボトルセット)が入荷しました~!

Fidlock
TWIST Bottle set ¥4,968

「ツイストボトルセット」は、その名の通り時計回りにツイストすると簡単に台座からボトルを取りはずすことが出来る優れものです!

ずばり!このボトルセットのおすすめポイントは
①狭いフロントスペースでも着脱が簡単
②強
力マグネットの2つです。
ボトルをツイストという簡単な動作で取りはずしでき、水分補給後、ホルダーに近づけるだけで強力マグネットがボトルを台座まで誘導します。

さらに、マグネットホルダーにはロッキングシステムもついています!!
フィドロックデザインのマグネットホルダーは、自転車界で有名なバッグメーカーの「ORTLIEB」(オルトリーブ)や「TIMBUK2」(ティンバックツー)などに供給されています。
また、
ヘルメットバックルは「LAZER」や「ABUS」にも採用されるほど。
マグネットとダブルロックされたボトルは舗装されていない道路や、公道ではない脇道(オフロード走行)でも問題なく使用することが出来ますね!

こちらのツイストボトルセット台座とボトルがセットの価格になっておりますので、もちろんコスパも良いですよ~( ”ω” )و

店頭にサンプル商品のご用意もしております~
ぜひお店にきてTwist体験してみてくださいね!(笑)
以上鈴村でした~

2019 Pinarello “THE PRINCE RETURNS”

おまっとさんでした!!(古)

2019 Pinarelloのラインナップが発表となりました!

今回はその中でも特に注目のPRINCEを取り上げてみますよ~。

2018 GANシリーズの一部ラインナップが新生PRINCEで置き換えられます。

GANシリーズはF8の流れを継承したモデルでしたが、PRINCEはただF10の流れを継承したモデルではありません!!

他メーカーでもハイエンドモデルを試乗してミドルグレード位を買うと同じ形なのに印象が全然違うことありますよね?

これには使用されるカーボンがフレームのグレードによって違うことが大きく関係しているんですが、例えばPinarelloの場合、高強度カーボンT1100を使うF10の形をそのまま焼き直してT900やT700、T600でフレームを作ってしまうとBB周りの剛性やヘッド周りの剛性が低くなってしまい、力の入力に対する反応性やコーナーリング時の安定感の低下に繋がることがあります。

そういった部分を補うため、PRINCEはF10をベースにしつつも、T900、T700を使っても剛性低下と重量増を最小限に留めるため、BB周りやヘッドチューブ、ダウンチューブをより大きく造形するなどの工夫が施されております

また、GANのジオメトリを踏襲しつつ、ヘッドチューブダウンチューブの増量によってダウンチューブがホイールに近づき、空力性能が向上しております。

GAN比較でよりカッチリとした走り、コーナーリングでの安定感、F10並みの空力性能までもを得たPRINCE注目の1台ですね!

逆にGANシリーズはDOGMAやPRINCEに比べて控えめの剛性感がホビーライダーにとっては乗りやすさ・扱いやすさに繋がります。更に2018モデルはサマーキャンペーンでお得になっておりますし、なかにはスペシャルオファーのGAN RSがあったりもします!!第一線をPRINCEに譲ったとしても基本性能の高いPinarello GANシリーズはものすごくお買得な1台ですよ!!

と、前置きが長くなりましたが、2019 PRINCEのラインナップをご紹介しましょう!!一部カラーがフレームのみの展開などもありますので、お気をつけくださいね~。

PRINCE FX Ulregra完成車 ¥570,240-(税込)

Gradient Vulcano (グレイディエントブルカノ)

BOB Metal (ブラックオンブラックメタル)

Red White (レッドホワイト)

PRINCE FX フレームセット ¥491,400-(税込)

Gradient Fluorite グレイディエントフルオライト (フレームセットのみ)

PRINCE Ultegra完成車 ¥469,800-(税込)
PRINCE 105完成車 ¥415,800-(税込)
PRINCE フレームセット ¥297,000-(税込)

Carbon Red

BOB

WHITE ORANGE (105モデルのみEzFit42設定あり)

PRINCE DISK Ultegra ¥516,240- (税込)
PRINCE DISK フレームセット ¥318,600- (税込)

Carbon Red

それでは、また入荷がございましたらブログやFACEBOOKでお知らせいたします!!

ご予約もお待ちしておりますよ!!

2019モデルもPinarelloから目が離せませんね!!