SPECIALIZED本社に行ってみた!②

前回の本社ツアーレポートから結構(どころじゃない)間が開いてしまいましたが、細かいことは気にしないで…

第2弾行ってみましょう!!

まずはちょっと本筋は外れてしまいますが、SPECIALIZEDがどれだけ自転車を楽しんで作っているかが分かってくるコンセプトバイクをちょっとだけご紹介!!

sp1最古の自転車らしいです

sp3UCIがお嫌いだそうです(笑)
FUCI…つまりそういうことですsp4 sp5牛飼い用…Sマークの焼印も

実用からはかけ離れている(特殊な場面での使用を想定した(笑))コンセプトバイクだらけですが、こういうのからトンデモナイアイデアが生まれたりするんですよね~。

ちなみに全然紹介しきれないので特に佐藤が好きなものだけ選んでます。色々見たい方はお店までどうぞ!!

さて、ここであの方が登場!!

sp6先手必勝ハチマキ

そう、SPECIALIZEDの創設者、マイク・シンヤード氏です!!

sp7

写真撮ってもらっちゃいました。

現在は会長ということですが、誰よりも早く出社し、SPECIALIZED社員全員の名前を覚え、必ず名前で呼んで下さるそうですよー。

ということで、レジェンドに出会えたところで、次のツアーへ~。

サスペンションラボ

現在MTBに欠かせないものと言えば、そう!サスペンションですよね。より速く、より安全に走るためにはサスペンションは欠かせません。

Trail-Hunter-Matt-HunterMTBの進化はサスペンションの進化!?

技術の進歩に伴い、サスペンションの性能も飛躍的に向上し、今やXCマシンに使われるサスペンションが一昔前のDH用のストロークがあったりしますよね。プロレースの要望もあるとは思うのですが、大多数の我々ホビーレーサーにとってはテクニックをカバーしてくれる頼りになるパーツでもあるというのが進化の理由ですよね。

そんなサスペンションの挙動をチェックし、SPECIALIZEDの各MTBのモデルデザインに合わせたサスペンションへカスタムするのがこのサスペンションラボ!!

sp8

例えば、フルサスペンションMTBの場合、フロント・リアのサスペンションがそれぞれ単体で性能が良かったとしても、製品そのままを組み合わせた場合、動きによっては路面からタイヤが離れてしまう時間が長い=グリップを失ってしまうこともあります。

サスペンションラボでは、そんなフロントサスペンションとリアサスペンションのコンビネーションを”実際に走って”計測し、そのモデルのコンセプトを実現できるよう調整していく場所なんです。

手順としてはまずプロトタイプMTBにサスペンションの動きを記録する実験器具を取り付け実走します。その際にどのような衝撃がサスペンションに入り、どのようにサスペンションが動いたかを記録します。

大抵の場合、サスペンションメーカーから提供される製品そのままでは狙い通りの動きをしてくれないそうです。例えば、サグもリバウンドアジャストも路面状況・ライダーに合わせて万全を期しているのに、ある強さの衝撃が加わるとどうしてもリアサスペンションの戻りが速すぎるなどなど、Specializedが思い描く性能が出ないことも多々あるそうです。そういった場合にサスペンション内のシムの入れ替えなどを行い、動きを調整します。

このシムの入れ替えが結構微妙な塩梅らしく、MTBの性能を左右するだけにかなり重要な部分となってきます。

ラボには実験走行時にサスペンションにかかった衝撃を忠実に再現する器具があるので、同じ状態を再現してサスペンションの動きを再度記録します。

恐ろしく地味な絵面…

狙いの動きになるよう調整完了したら、シムの枚数など細かな製品オーダーをメーカーに伝えてSPECIALIZEDカスタムのサスペンションを製造してもらう手順となっているそうです。

SPECIALIZEDのMTBにFOXやROCKSHOXなどのサスペンションでカスタム品がついているのはこういった理由からだそうです。

SPECIALIZEDがMTBにそそぐ情熱がうかがい知れますよね~。

アパレルラボ

さて、お次はアパレルラボ。ここ数年で設立された比較的新しい部署です。

sp11縫製機械、裁断機の一部

今まではウェアのデザインを作り、製造上の希望をOEMメーカーに伝えるという形でした。

SPECIALIZEDのウェアは昔から品質は特に悪くなかったのですが、この手法だとOEMメーカーに任せる部分が大きく、出来上がった試作品を見て更なる変更を加えるには納期・コストの面で品質を上げるには限度があったんじゃないでしょうか。

そこで、現在はデザインが出来上がった時点でアパレルラボでプロトタイプを作ってしまうそうです(!!)。なんと型紙から作成し、実際にデザインと同じ布をプリントして裁断、縫製!!

sp12自社ラボ内でここまでやります。

こうすることでメーカーに委託する前に、出来上がりの具合や製造上の希望・要求が達成されているかを事前に確認することが出来るようになりました。WIN TUNNELと同様、製品開発のスピードアップと製品の質のアップに繋がっていますよ!

ちょっと前からSpecializedアパレルの質がグッと上がった気がしていたんですが、この影響が大きいのではないでしょうか~?思わず佐藤は品質向上のタイミングとラボ設立のタイミングに納得してしまいました。

あ、日本に入荷するウェアはタイトフィットが多く、少し着る方を選んでしまうモデルが多いですよね~。今後はサイズ展開も改善出来るはずだとお話されていましたよ~。楽しみですね~。

と言うことで本社ツアーの様子、いかがでしたでしょうか?

他にも見せてもらったところはあるんですが、皆様の興味を引くような新製品情報!!とかは全然なくて(笑)、アメリカの自転車ショップはどんなんなのか?というものが大多数ですね~。なかなかすべてを載せることも出来ないので、

「スペシャライズドのことならなんでも知りたい・見たい」というマニアックな方や

「アメリカのコンセプトストアってどんなんなの?」という方は

写真を見にお店にいらしてくださいね~。

ちなみに佐藤はアメリカ研修のせいで1.5kg程太ったそうです。毎日肉ばっかり、それもものすごい量食べさせられて…。

日頃のローラー練習のおかげもあり、体重は帰国後しばらくしたらもとに戻りましたが、しばらくの間は食べる量も多くなってしまっていて…。

でも、またアメリカ、SPECIALIZED本社研修行きたいですね~。

今度は本社スタッフの人たちと一緒に自転車乗りた~い!

決算セール特別モデル作りました~

決算セールということで特別仕様の車体を1台ご用意致しました~。

TARMAC EXPERT 105特別仕様 52cm ¥250,000-
tarmacexpert2

ベースは2015モデルのTARMAC EXPERT。

RIDER FIRST ENGINEEREDが採用された新型TARMACフレームのFACT 10r版ということで、ホビーライドからレースまでガッツリ使える非常にバランスの良いフレームです。

控えめなロゴデザインも相まって鮮烈な紅が一層映えます。
tarmacexpert3

2016 TARMAC EXPERTは現在49cm BLK/RED/HYPを¥320,000-でご用意させていただいておりますが、そこから105仕様にすることでさらにお求めやすくなっております。

はじめての1台にもよし、買い替えの1台にもよし…言うことなしのモデルですよ~。

1台のみのスペシャルプライスなので、お問い合わせはお早目に!!

決算セール!お得な旧車をご紹介!!

決算セールもはじまって1週間。台数限定のお得な品物ですので、お早目のご来店をどうぞ~。

そんな決算セールの中でも特にお得度が高い2016モデルのご紹介をしていきますよ!!

まずはSPECIALIZEDと言えばコレ、

2016 TARMAC COMP 52cm ¥299,160- → ¥224,000-(税込)!!
tarmaccomp

さらに2016 TARMAC EXPERT 49cm ¥460,000- → ¥320,000-(税込)!!
tarmacexpert

アルテグラ装備で非常にお得なCOMPと新型フレームと同形状のEXPERTと、非常にコストパフォーマンスの高い2台が御座います。TARMACを考えていらっしゃる方は是非一度ご来店下さい!!

さらに新型の登場で少し影はうすくなってしまいましたが、FUTURE SHOCK関連のメンテナンスが必要ないROUBAIX SL4もまだまだ現役ですよ!

2016 ROUBAIX COMP DISC 52cm ¥386,000- → ¥280,000-(税込)!!
完売致しました!!ありがとうございます!!
roubaixcompdisc

ちなみにこちらの車体、組み替えによって価格を落とすことも出来ますので、ROUBAIXをお考えの方でお値段にお悩みの方はご相談下さいね~。

そして、今や冬の風物詩となりましたかね?シクロクロス!!

2016 CRUX E5 52cm ¥179,000- → ¥143,000-(税込)!!
crux

こちらも組み換えを考えてフレームで購入したいなどがあればご相談くださいね~。

さぁ、真打登場ですよ~。衝撃的なデビューから1年が経ちましたが、最速の座はいまだ破られず(*SPECIALIZED調べ)!VENGE ViASです!!

2016 VENGE ViAS PRO 52cm ¥849,000- → ¥640,000-(税込)!!
vengeviaspro1

CL64ホイールにFACT 11r工法のフレームなど、余すところなく技術の粋を詰め込んだVENGE ViAS!S-Worksではありませんが、非常にお買い得な車体となっておりますよ。

さらに、真っ黒なフレーム過ぎてちょっと…と言う方のためにカッティングシートで色をいれることも出来ますよ~。

vengeviaspro2

高額な車体になりますので、こういったドレスアップは普段アップチャージが発生するのですが、同じ値段で相談をお受けしますよ~。

そしてやっぱりこれ!!

2016 SW VENGE ViAS 49cm ¥1,340,000- → ¥1,000,000-(税込)!!
swvengevias

2017 SW VENGE ViAS フレームセット 52cm ¥588,600- → ASK!!
swvengevias2

DURA ACE 9000系 Di2とパワーメーター搭載の完成車が非常にお得に手に入るチャンスですよ~。組み換えのご相談なども出来ますので、在庫車のサイズが合っていて気になっているという方は是非ご相談ください。

その他にもお買い得な商品や提案が御座います!

スタッフ一同、皆様のご来店お待ちしております~。

決算セール注目アイテム

決算セールもはじまりましたが、皆様もうカミハギサイクル Fit & Ride Storeに足をお運びいただけましたか?

まだ!?

非常にお得なアレ

shoes

コレ

bikes

ございますので、まずは是非お店に足をお運びください。

春からのバイシクルライフに備えて、お買い得なこの時期に新車を購入しませんか?

「クロスが良いのか、ロードが良いのか…」

「ロードは欲しいけど、何を選べば良いのか…」

そんなはじめての方の質問にも丁寧にお答えしますので、まずは店頭にてお話を聞かせていただければと思います。

皆様のご来店、お待ちしております!!

SPECIALIZED本社に行ってみた!①

年の瀬も迫ってきましたね。今年一年いかがでしたでしょうか?

スタッフ佐藤は悲願のダイエットに成功しました(笑)今は戻らないように必死にローラー回してます。

そんなスタッフ佐藤、先日SPECIALIZED本社に伺う機会をいただきまして、ちょっとお店を休ませていただきアメリカまで行ってまいりました。

dsc_2831-1280x853早朝の本社

以前にも、店長伊藤も本社見学に行っておりまして(丁度WIN TUNNELが出来た頃)、その当時の様子と今現在の様子などを写真を見ながら話していたのですが、

「こんなんなかったよ!」

というものもあり、ハイスピードで変化していく時代の流れとともにSPECIALIZEDもドンドン変化・進化しているようでした。

ということで、今回はそんなSPECIALIZEDの現在をお伝えするレポートをお送りいたします!

WIN TUNNEL(風洞実験施設)
dsc_2844-1280x853WIN TUNNEL外観

みなさんお馴染みのWIN TUNNEL!

dsc_2850-1280x853

SPECIALIZED自前の風洞実験施設ですね。自転車メーカーで自前の施設を持っているのはSPECIALIZEDだけです。

dsc_2851-1280x853YouTubeで見たことが…!

この写真も見慣れたものですよね!風洞実験施設は風によって後ろに引っ張られる力を計測するわけですが、その精度はものすごく高く、腕時計の有無による変化もズバッと分かる高解像度!

風速は15km~115km程まで出せ、自転車以外の実験のために貸与もしているそうです。

風洞実験施設がない時代は、施設を借りて実験をしていたわけですが、

  1. プロトタイプを複数作る
  2. 社内で良さそうなもの選定
  3. 選定品を持ちこんで実験

という流れがあり、どうしても実験が完了するまでに時間がかかってしまったそうです。さらに1回風洞実験室を借りるのに何千ドルとかかる上に、車やもっと大きいもの用の実験施設だったりで速度域が合わないなどなど困った点も多かったそうです。改良点が見つかったりするとさらに大変で、また実験するために同じプロセスを重ねて…1つの製品のために何か月もかかってしまっていたんです。

それが今や

  1. アイデアが浮かんだら3Dプリンタでプロトタイプを作成
  2. 翌日実験

という驚きのスピードアップを実現!!アイデア次第で製品をどんどん良くできる、エンジニアにとっては最高の環境!アイデアとそれを実現するための施設の両輪で、VENGE ViASに代表されるようなスーパーマシンが出来上がっているんですね~。

dsc_2854-1280x853佐藤ご満悦

ボトル工場

残念ながらボトル工場は写真撮影禁止になっておりまして…最新鋭の機械を導入したとのことで、それが原因なんでしょうか?

SPECIALIZEDに併設された工場で年間300万本のボトルを出荷しています。ボトル自体はカリフォルニアの別工場が作り、着色・保冷ボトルの組み立て・箱詰め・出荷をSPECIALIZED本社工場が行っています。

ボトルの着色技術は非常に優れていて、且つ大量生産が可能な体制が整っているため、自転車ボトルに限らずスポーツ用ボトルの生産も行っています。カスタムデザイン・カラーのボトルも作成しており、

あなたのボトルも実はSPECIALIZEDのものかもしれませんよ!?

dsc_2860-1280x853歴代カスタムボトルズ

ところどころ機械化は進むものの、ボトルの印刷や調色など重要な部分は熟練の工員さんが支えている様子でした。また、箱詰め・検品なども手作業が多く残されており、地元の人や障害を持つ人たちの雇用確保にも力を入れているようでした。

ヘルメットラボ
dsc_2918-1280x853

ヘルメットの安全性を検証したり、製造の手順・使用される素材の改良の研究を進めている場所。

ヘルメットに衝撃を与える実験は色々な状態が考慮されていて、大雨で浸水してしまった状態、逆に乾燥した状態、高温時、低温時などなど、気候条件や地域によって変化する条件を再現し、安全性を確認しています。

dsc_2923-1280x853ヘルメットに衝撃を加える装置

ここで某ヘルメット規格などについても話が出たのですが、SPECIALIZEDとしてはより確実に効果が見込める発泡スチロール素材や製造方法の改良や見直しを進める堅実路線だそうです。こういう堅実で派手でないところがSPECIALIZEDらしいんですが、ちょっと商売下手ですよね!
dsc_2920-1280x853左:発泡後 右:発泡前

あとはコレ!
dsc_2925-1280x853

アルベルトコンタドールがTdFの落車で破壊したPREVAIL 2も見せてもらいました。後頭部、斜めからの衝撃ですがヘルメットによる確実な防護が働いています。コンタドール自身も、ヘルメットの文句は特に言わず、「脚が痛い」とだけ言ってたそうです。

ということで、第1弾はこのへんで。

次回はSPECIALIZEDと言えばあの人!さらにMTBで必須のアレのラボやここ1、2年のSPECIALIZEDウェアの出来の良さの秘訣やら、色々報告していっちゃいますよ~。

それでは続編をお楽しみに!!

フィッティングの幅を広げる!S-Works Hover Bar!!

Specializedから新型のハンドルが到着しました!!

その名もS-Works Carbon Hover Bar!!

S-Works Carbon Hover Bar (+15) ¥30,240-
hover

サイズは40cm、42cmが入荷しました~。

こちらの形状のハンドル、New Roubaixに装着されていることでご存知の方もいるのではないでしょうか。

New Roubaxのヘッドチューブ長が短くなったのはこのブログをご覧になっている方々はご存知かと思いますが、その短くなった分を補うものがこちらのハンドル!

やはり「楽に長い距離を乗りたい」という要望はいつの時代もありますし、ハンドルの高さも人によってまちまちです。New Roubaixでもそうした要望に幅広く応えるためにこちらのハンドルが用意されたのです。

ハンドルのライズは+15mm!!

見た目の違和感はほとんどないのですがハンドル位置をだいぶ上げることができます!!

が、コレ、別にRoubaix専用品というわけではないのでその他のバイクにも付けることが出来ますよ!!

ハンドルの高さについて悩みをお持ちの方、いらっしゃるんではないでしょうか?

「スペーサーが多いからカッコが悪い」
「コラムカットをしすぎた」
「完成車のコラム長では足りない」

などなど、ハンドル周りの見た目のカッコよさコラム長から来るステアリングの違和感・剛性不足などなど、皆さんが気になること、考えることは色々ありますよね!!

そうした悩みを解決してくれる一品になるやもしれませんよ~。

気になる方はまずはお店に立ち寄ってみてくださいね!

皆様のご来店・ご相談お待ちしておりま~す!!

SPECIALIZED NEW ROUBAIX!!

お待たせ致しました、やっと皆様にNEW ROUBAIXを発表出来ます!!

オールラウンドロードTARMAC、エアロロードVENGE、そしてエンデュランスロードROUBAIXと、ロードバイクを3つのカテゴリーに分けるというアプローチに先鞭をつけたSpecialized。

近年T社D○maneを筆頭に他メーカーの猛追に加え、オールラウンドロードTARMACの快適性の強化もありまして

「TARMACがあれほど進化してしまったけれど、ROUBAIXはどうなるのか?」
「T社を超えることができるのか?」

という声もあり、エンデュランスロードROUBAIXのアップデートに期待が集まっていました。

さぁ、皆様の待ち望む、ROUBAIXが還ってきました。

Roubaix Elite ¥280,800-
roubaix

Specializedフリークの皆様ならすぐお気づきかと思いますが、Zertzが見当たりませんね。

なくなりました!

コレには色々と理由があるんですが、ザクッとカットしまして…

代わりに、この「フューチャーショック」の出番です。
future-shock

ここが路面からの突き上げがあると上下に動いて衝撃をいなします

MTBのサスペンションとは異なり、バイク自体は路面のデコボコを拾いますが、ライダーが接するハンドル~コラムのところで衝撃を吸収し、ライダーの快適性を保ちます。

我々試乗もしておりますが、ダンシング時、コーナーリング時ともにフューチャーショックの不快な沈み込みはありませんでした

ちなみにダンシングの時は若干の上下動はありました。ですが、ダンシングの上下動に追従する自然な動きのため、「動いてますね」と言われないと分からない状態で、違和感は感じられませんでした

コラム~ハンドル部分が動くとなるとハンドル高さ調整が気になりますよね?

大丈夫!!

このようにフューチャーショックの挿し込み量だけで約15mm、
future-shock3 future-shock4

さらにヘッドキャップも15mm薄いものが付属していますので、併せて30mmの調整が可能となっております。これだけあれば大体の人は大丈夫!!さらに付属ハンドルもVenge Viasのハンドルのように15mmライズで一番高い状態にすれば、以前のSL4と同じハンドル高さになります。

ちなみにNew ROUBAIX、ヘッドチューブは以前よりも短くなっており、エンデュランスロードとは呼ばれなくなりました。快適性は非常に高いのですが、ハンドル位置をレーシーな位置に持ってくることも可能になったためですね~。

さてさて、快適なロードバイク、エンデュランスロードと言うとよく「フレームがしなる」など柔軟性をうたい文句にすることが多いですよね?

フレームが柔軟に動くというと聞こえは良いのですが、必要以上に動くとパワーロスを招くことにもなります。Specializedはフロント周りとダウンチューブ~チェーンステーのパワー伝達に重要な箇所の剛性はしっかりと確保し、パワーロスを最小限にしつつ、ライダーへの衝撃を緩和するためにこの「フューチャーショック」を開発したのです!

ちなみに快適性の要となるシートチューブ、シートステーには柔軟性を持たせる工夫がされておりまして、

シートチューブが楕円形に大きく開口しています。
roubaix-seat-tube

シートポストを挿して上から見るとこんな感じに隙間ができます。
roubaix-seat-tube2

また、シートクランプ位置はトップチューブよりも下のこんな位置!
roubaix-seat-post

これらの工夫により、シートポストが大きくしなるようになり、快適性が向上しています

これらの新機構が盛り込まれたNew ROUBAIXですが、McLarenの協力のもと行われた実験(パヴェのような荒れた路面などを再現)で、SL4に比べ3秒速いということが分かっています。

小さな差とも思える数値ですが、バイク本体だけで3秒の差が生まれるということはライダーにかかる負担はそれ以上に減るということです。

ちなみにSL4のROUBAIXも実験の結果、他メーカーの送り出す現行車種と比較しても遜色のない性能を持っているようですので、「快適なロードが欲しいけれど新型は高い…」という方はSL4、SL4 Sportがオススメですよ!

さて、色々と書いてきましたが、このNew ROUBAIXが早くも試乗出来るチャンスが!!

Specializedが主催する試乗イベントTEST THE BEST!!

各務原にあります、自然遺産の森にて9/10、11と開催しております!!

Fit & Ride Storeのスタッフ伊藤も現地にて2日間、皆様のご来場をお待ちしております。ROUBAIXについて質問・相談等ございましたら是非おたずねください!!

MTBやその他ラインナップのロードもたくさん現地にありますので、Specializedの魅力にどっぷり浸かれる2日間です。

お時間がある方は是非遊びに行ってくださいね!

お時間がない方は…無理矢理時間作って遊びに行きましょう!!

また、Fit & Ride StoreではRoubaix Elite 52cmサイズの試乗車をご用意しております。お店の周りを少し乗っていただく程度になりますが、「実物が見てみたい」、「ちょっと触ってみたい」という方はFit & Ride Storeにお越しください。
*試乗の際は身分証明書が必要になります。また、わざと荒れた未舗装路を走る等、乱暴な運転はお控えください。

それではスタッフ伊藤は自然遺産の森で、スタッフ佐藤はFit & Ride Storeで皆様のご来場、ご来店、ご相談お待ちしております!!

日本未展開MTB取り寄せプログラム開始!!

以前、チラリとご紹介させていただいたSpecialized Japanの新サービス。

日本未展開MTB取り寄せプログラム、開始とあいなりました!!

ということで、詳細をばお知らせいたします。

対象となるMTBは先日公開されましたアメリカ公式の通常ラインナップMTBが対象です。
Turbo Levoなどの電動アシストMTBや数量限定品は対象外ですよ!

一応コチラのサイトでSpecialized USAのラインナップが確認できますので、まずはご確認を!

アメリカ通常ラインナップならなんでも取り寄せられるか…というとそうではなく、

2500ドル以上のモデルが対象となります。

また、別途送料が32400円かかります。

1ドル=110円固定での計算となりますので、例えば、2800ドルのMTBを購入した場合、

税抜価格:2800(ドル)×110(円)→308000(円)

となりまして、本体は税込価格332640円となります。これに送料32400円が乗っかりますので最終的には365,040円となります。

取り寄せにかかる日数は4か月程。在庫状況など場合によっては短縮されることもあるそうですが、ゆっくりとお待ちいただくことになるかと思います。

また、受注は12月20日が最終受注日となります。ただし、それよりも早い段階で生産が終了してしまったモデルは受注できなくなりますので、気になるモノは今のうちに注文をお入れください!!

今回2017モデルではラインナップが若干絞りこまれ、女性モデルも少ない状態ですが、未展開モデル取り寄せプログラムをご利用いただくことで細かなニーズに対応出来ますよ~。

コレは!というものがある方、是非ご利用下さいね!

それでは、皆様のご来店・ご相談お待ちしております!!

炎を灯せ! Specialized Torch Collection

今年は4年に一度の夏の祭典!

もちろん自転車競技も開催され、Specializedのサポートを受けるチームに所属する選手たちの中には国を代表して出場する方たちも…

そして、この4年に1度の大きなイベントにSpecializedも乗っかります!

題してSpecialized Torch Collection!

ということで、コチラのサイトで紹介されているような品々がコレクションとして発売されます~。

Fit & Ride Storeにも色々と入荷しています。

例えば、S-Works 6 RD SHOE Torch LTD
torch1

S-Works EVADE Torch LTD
torch4
左:変色後 右:変色前

SL PROジャージ・ビブショーツ Torch LTD
torch5

Specialized Graphic TEE Torch LTD
torch6

グローブ
サイクリングキャップ
ソックス
torch3

サコッシュ
torch2

などなど…

もちろんカラーが変わるS-Works Tarmacフレームも入荷していますよ!

サイズは52cm。良~い写真が小牧店さんにあったので拝借!!
torch7 torch8

カラーの変化の様子はコチラの動画をご覧下さい~。

取扱い店舗が限られるTorch Collection。人とは違った特別なフレームが欲しいという方、今がその時ですよ!!

アクセサリー類も非常にデザインが良く、使いやすいものが多いので、フレームや自転車は買えないけど…という方も是非一度お店に足を運んで下さいね!!

皆様のご来店、お待ちしております!!

週替わり特価!Fit & Ride Store第8弾!!

さぁ、サマーキャンペーンも最終週!!

皆様、目的の商品は購入出来ましたか?

え?まだ??

発表されて間もない2017モデルをお得に手に入れるチャンスもあとわずか!今なら在庫があったり、秋前には手に入ったりと非常にいい時期ですよ~。

さて、サマーキャンペーンも最終週ということは、週替わり特価も最後です!!

最後はSpecializedお得意の

サドル!!
saddle

現金支払い時15%OFF、カード支払い時10%OFF!!
*ポイント付与は御座いません。ご了承ください。

さらに、サドルは人によって幅も違いますので、もちろん取り寄せの場合も対応致しますよ!!

今のサドルに不満や悩みがある方、是非一度Fit & Ride Storeで相談してみてくださいね~。

それでは、皆様のご来店・ご相談お待ちしております!!