S-Works 6 Road シューズ入荷しました!

多くの方にご愛用いただいていますS-Works Roadシューズの新型が入荷しましたよ!

2015-08-28 10.53.53 (1280x960)
S-Works 6 Road シューズ ¥43,200-

丁度6代目に当たるということで、S-Works 6と名付けられています。

2015-08-28 10.54.09 (1280x960)

そして一番の変化と言えばかかと部分に付けられた黒い物体

ヒールカップでかかとのズレを抑え込み、パワーロスを防ぐ構造ですね。

フィットに関しては恐らく形状等に関しては大きく変化していないと思います。

ただし、アッパーの素材などがより硬質なものに置き換わっているので、その部分で「タイトになった」と印象を受ける方もいらっしゃるかと思います。

またヒールカップについてもかなりタイトな作りになっています。

2015-08-28 10.54.50 (1280x960)

履きなれなさから来る違和感も多く、慣れ次第ということもあると思うので、一概に圧迫感を感じるならダメというわけではありませんが、必ず試履の上でご購入下さい。

今回は40、41、42サイズが入荷致しました。

その他のサイズ、色、ワイドモデルなどはもう少し先の入荷予定です。入荷致しましたら再度ブログアップ致しますので、要チェックですよ!

それでは皆様のご来店、お待ちしております!!

ぐるめツーリングに行きましょう

まだまだ暑い日が続きますが、皆さん体調はいかがですか?
夏場に頑張り過ぎて疲労が溜まってませんか?
仕事・自転車・家事に頑張ってきた自分に豪華ランチで
ご褒美をあげましょう(#^.^#)
前置きが長くなりましたが、今回はイベントのお誘いです。

9月12日(土)ぐるめツーリング開催です!
行先は春日井市神領にありますクラブ・ドゥ・クレール迎賓館です。
e731g8kqdmb5ipc63h8ka521g842100feature47e4fd79819bd855e14c75d9bcfd8c53

こちらは普段結婚式やパーティー会場として使われている所なので
場所も料理も期待ができますよ~
s_000nyjimageVGSHZ05C
料理はフレンチです!!ハッキリ言って楽しみです!
走行距離は往復約25㎞でゆっくり(時速20㎞/h程)で走りますので
どなたでも参加しやすいと思います。参加車両もママチャリ以外ならOKです。
それでは、皆様のご参加お待ちしております

詳しくはこちらの募集要項をご覧ください。
募集定員が少ないのでお申込みはお早めに~(^v^)

レースの季節には!?

今年ももうすぐシマノ鈴鹿!

皆様、準備は整っているでしょうか?

レースと言えばゼッケンナンバープレート

昨今のウェアはタイトなカッティングに生地も特殊な場合があり、穴をあけてしまうと生地に非常に良くないものも結構御座います。

ということでゼッケンをウェアに固定するためにはこちら!

Bib Bits ¥1,836-

bibbits

マグネットで固定するので生地を傷める心配もなく、またマグネットも非常に強力です。

06-Bibbits-studio

レース中にウェアのズレなどでマグネットがズレることもやはりあるのですが、その場合もマグネット同士はくっついたままですので、コロコロ脱落してしまってなくしたという事例はほとんど聞いていません(レース後に外したら行方不明という事例はございます!お気をつけて!)

大事なウェアを守るためにもぜひどうぞ~。

そして、車体に取り付けるナンバー台座!

こちらも簡単に取り外しができるものを用意しておきました。

Number Fix ¥1,728-  Aero Fix ¥2,160-

2015-08-17 19.04.54

通常の丸いシートポストにはNumber Fixを、エアロ形状のシートポストをご利用の方はAero Fixをご購入下さい。

エアロ形状のシートポストも種類がたくさん御座いますので、合うかどうかわからない場合はお聞きください。

それでは皆様のご来店お待ちしております!

続々入荷中!

2015モデルでは在庫が切れていることが多かった女性モデルですが、2016はバッチリオーダーを入れましたので…既に届いております!!

2015-08-08 14.05.01 (1280x960)

カーボンモデルRubyアルミモデルDolce、サイズは44、48をご用意し、多くの皆様にまたがった上でご検討いただけるよう配慮しております。

「はじめてのロードバイクだから不安」

「身長が低くて…」

などなど、色々な悩みがある方もいらっしゃるでしょう。

女性が使用することを本気で考え、こまかなところまでしっかりと設計しているSpecialized

「はじめて」でも「買い替え」でも悩みや希望に答えてくれる車体が御座いますので、まずは一度是非ご来店下さい。

 

そして、さらに~昨年から好評をいただいているRoval CLX40クリンチャーが入荷致しました!

2015-08-08 14.05.18 (1280x960)
Roval CLX40 Front  ¥108,000- Rear ¥172,000-

今なら鈴鹿にも間に合いますよ~!軽量なカーボンクリンチャーホイールをお探しの方は是非!

あとは…Power Expertも在庫がどっと来まして…

各色各サイズがバッチリそろっております。Black 143はだいぶ余裕があります。Whiteは少量ですので気になる方はお早めに!お待たせいたしました皆様、どしどし買いにお越しください!

それでは皆様のご来店、お待ちしております!!

遂に入荷!

毎日のようにオーダーシステムにアクセスしまくった甲斐ありまして…
(専門店ですのでほかに見るところがあまりなくて…)

2015-08-07 15.31.06 (1280x960)

2015-08-07 15.31.45 (1280x960)

日本で一番に入荷したそうです!

2015-08-07 15.31.34 (1280x960)

皆様期待のエアロロード、S-Works VENGE ViAS (52cm)!!

その他のカラー・サイズに付きましては順次入荷となっております。

生産は早まってはいないようなので、ご予約いただいたお客様や気になるサイズ・カラーが御座います方は大変恐縮ですが、今しばらくお待ちください。

2016 Specialized 展示・発表会~Tarmac・Allez・Venge~

VENGE ViAS、Roubaix&Divergeとご紹介してきました2016 Specialized特集。

今回はオールラウンドロードTarmac、Allez、そして旧型ながらもバランスに優れるエアロロードVengeをご紹介いたします。

C社がバランスの大事さを訴えていましたが、もちろんSpecializedもバランスを無視しているわけではありませんよ!

登攀能力、加速性、ハンドリングなどなどロードバイクとしての基本性能を突き詰め、非常に高いレベルでバランスしたモデルこそがTarmac!

DSC_1012 (1280x853)

ロードバイクに乗る楽しみを存分に味わいたい方にはTarmacが最適でしょう!

今年のモデルはS-Works、通常モデルともに大きな変化はなく、カラーリングの変更が一番大きな変更です。

DSC_1013 (1280x853)

どのメーカーもそうですが、2016モデルは為替変動の影響により若干値上がりをしています。

しかし、転んでもただで起きないのがSpecialized。

Tarmacは全モデルでタイヤがS-Works Turboへと切り替えられております。Continental GrandPrix 4000SIIをベンチマークとし、優れた耐久性と低摩擦抵抗を両立したこのタイヤが通常でついてくるというのは非常に嬉しいところです!

ホイールも話題のワイドリム化を果たしており、トレンドを押さえたアップデートが施されていますよ。

さて、オールラウンドロードのアルミモデルAllezですが、こちらはラインナップに増減が御座いました。

衝撃的なデビューを飾り2年間ラインナップに居続けたS-Worksがなくなってしまいました。採算が合わないということだそうで…2015までに手に入れた方は非常にお得なお買いものでしたね!

COMP以下のモデルは昨年とほぼ同様です。

itou 411 (1280x960)Allez SL Compitou 408 (1280x960)Allez Elite

ただし、入門グレードAllezのフロントフォークがアルミコラムのカーボンフォーク化して、快適性が高まっています。全体的な値上がりは御座いますが、入門機でも妥協せず、10万円前後のラインを守ってくれているようですよ。

そして注目の逸品がこちら!

Allez Sprint
Allez Sprint!

アメリカでのクリテリウム需要に応えるために作られた超高剛性のAllez!

3ピースのパーツをロウ付けしてBB周りを作成し、

itou 441 (1280x960)BB部構成パーツ

そこにSmart Weldで各チューブをつなげるという方法を取り、強靭な剛性を確保しています。

itou 449 (1280x960)

通常アルミロードと言えばBB周りは筒状のパイプに各チューブが溶接されているものですが、この作り込み様…やりすぎ感が漂います(笑)

やはりハイドロフォーミングやバテッド加工を多用した軽量アルミフレームはたわみが多く(それがフレーム全体の快適性にもつながるのですが…)、細部まで剛性を最適化して作り込まれたカーボンフレームには様々な面で敵わないというのが事実です。

そこでSpecializedは瞬間的な加速が必要とされるクリテリウムでの使用に絞った仕様を突き詰めていきました。結果として生まれたのが重量はそこそこにしつつ、加速性を突き詰めた超高剛性アルミバイクAllez Sprintです。

非常に丁寧な作りで、クリテリウムやレースなどに積極的に出たいという学生の方に特にオススメしたい1台ですね!

写真はフロントシングルですが、日本向けはダブル化されております。ご安心下さい!

さて、最後はViASの登場で陰に隠れがちなVENGEをご紹介いたします。

DSC_1015 (1280x853)

今も山がちなコースでサガンやカヴェンディッシュが使用していることからも、十分な性能があることが伺えます。

もちろんSpecializedも実験していまして…

デビューから5年を迎えようかというこのフレーム、他者の現行エアロロード(F○やS○など…)と比較して同等のエアロダイナミクスがあるそうです。

DSC_0969 (1280x853)空力の比較

そんな旧型とは思えない性能を持つVENGEですが、2016はS-Worksの座をViASに譲り、下位モデルでの展開のみとなりました。

フレームはFACT CARBON 10rを用いて作成されております。11、10、9、8とあるうちではもっともS-Worksに近いフレームで、S-Works程の剛性はありませんが、その分快適性も上がっており、適度な剛性・優れた快適性で我々ホビーライダーが使うには非常に扱いやすいモデルと言えるでしょう。

今年はカラーリングも面白く、サガンモデルがあったりと非常に満足度が高い仕上がりですよ!

DSC_1016 (1280x853)

次回は細かなエキップメント類をご紹介いたします!

Specializedこだわりのエキップメントは今年もアツいですよ~!

それでは次回のレポートをお楽しみに!

その他の展示・発表会のレポートはこちらから!
Fit & Ride BLOG:2016 Specialized 展示・発表会 ~VENGE ViAS~
Fit & Ride BLOG:2016 Specialized 展示・発表会 ~Roubaix&Diverge~
小牧店BLOG:SPECIALIZED2016モデル展示会報告 マウンテンバイク編